ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》汚職意識調査=「賄賂払った事あり」11%?=ラヴァ・ジャットに懲りたか

《ブラジル》汚職意識調査=「賄賂払った事あり」11%?=ラヴァ・ジャットに懲りたか

 中南米諸国を対象とした汚職調査で、ブラジルは、公共サービスを利用するために賄賂を払ったことがある人が中南米20カ国中で2番目に低い国という結果が出た。10日付フォーリャ紙が報じている。
 これは、中南米20カ国の約2万2千人を対象に行った、国際透明性調査の結果だ。
 それによると、教育や病院などの公共サービスを利用するために賄賂を払ったことがあるというブラジル人は、中南米の中ではトリニダード・ドバゴの6%の次に低い11%のみだった。
 最も多かったのはメキシコの51%で、以下、ドミニカの46%、ペルーの39%などが上位を占めている。
 賄賂を払って利用しようとしたサービスは「公立病院の使用」が20%で最も多く、公立学校や身分証明書などの発行、警察が18~16%、水道や電気、ガスのサービスは14%、裁判所も12%などとなっている。
 また、「どの機関が最も汚いか」との問いでは「警察」と「政治家」が共に47%と高かった。
 また、「一般人も汚職撲滅に寄与できる」と答えた人が最も多かったのはブラジルの83%で、コスタリカとペルーの82%がそれに続いた。
 専門家は、ブラジルでは、ラヴァ・ジャット作戦が起きたことで、汚職に対する国民の意識が他の国より強くなっているのではないかと見ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月5日 東西南北  本日報じた、連邦議員の裁判特権(FP)は、ラヴァ・ジャット作戦以降、政治家の汚職が注目されたことで、廃止を求める動きさえある。FPはそもそも、軍事政権時代の名残によって生まれたもので、政治家が不当な理由で逮捕され、政治生命を脅かされるのを防ぐためにできたものだ。幸いにして、1 […]
  • ペルー=クチンスキー大統領が辞任を表明=罷免投票実施の前日に2018年3月23日 ペルー=クチンスキー大統領が辞任を表明=罷免投票実施の前日に  ペルーのペドロ・パウロ・クチンスキー大統領が21日、辞任を表明した。同国議会は22日に同大統領の罷免決議を行う予定だった。22日付ブラジル国内紙が報じている。 […]
  • 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす2018年2月22日 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす  国際的な非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル(TI、本部ベルリン)が2017年の公的部門における汚職ランキングを発表した。ブラジルは調査対象180カ国中96位だった。  このランキングは上位になるほど腐敗していないことを示す。2016年のブラ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 《ブラジル》ラヴァ・ジャットの余波ペルーに=野党が大統領の罷免請求提出2017年12月19日 《ブラジル》ラヴァ・ジャットの余波ペルーに=野党が大統領の罷免請求提出  ブラジルの建設大手オデブレヒト社が、汚職摘発のラヴァ・ジャット作戦関連捜査のために隣国のペルーに送付した資料から、同国のペドロ・パブロ・クチンスキー大統領が所有するコンサルタント会社ウエストフィールド・カピタル(WC)社に同社が78万2千ドルを支払った事などが明らかになり、野 […]