ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル経済》中銀のインフレ予測若干上昇=今年の予想は+3%に

《ブラジル経済》中銀のインフレ予測若干上昇=今年の予想は+3%に

 ブラジル中銀が毎週月曜に発行する経済指標調査「フォーカス」は、今年の広範囲消費者物価指数(IPCA・政府の公式インフレ率)予測を、これまでの2・98%から3%に引き上げた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》中銀通貨政策委員会は景気回復緩やかと予想=基本金利引き上げは来年後半か2020年12月16日 《ブラジル》中銀通貨政策委員会は景気回復緩やかと予想=基本金利引き上げは来年後半か  15日に中銀通貨政策委員会(Copom)の議事録が発表され、景気回復は緩やかと見ている事や、経済基本金利(Selic)の引き上げ再開を検討している事が明らかになったと同日付現地サイトが報じた。  9日の会議では経済基本金利が年2%で据え置かれた。それと共に、新型コロナの感染 […]
  • 《ブラジル》中銀が経済活動指数発表=10月は0・86%成長2020年12月15日 《ブラジル》中銀が経済活動指数発表=10月は0・86%成長  中央銀行が14日、10月の経済活動指数(IBC―Br)は前月比で0・86%成長したと発表したと同日付現地サイトが報じた。  IBC―Brが前月比で成長するのは6カ月連続だが、成長幅は、5月2・15%、6月5・23%、7月2・42%、8月1・62%、9月1・68%で、 […]
  • 《ブラジル》難しいSelic判断=インフレ抑制と景気高揚の狭間で=かさむコロナ禍対策費の重み2020年11月20日 《ブラジル》難しいSelic判断=インフレ抑制と景気高揚の狭間で=かさむコロナ禍対策費の重み  【既報関連】コロナ禍に伴う種々の対策費と経済活動低下が基礎的財政収支の赤字増額を余儀なくする中、緊急支援金の減額と食料品を中心とするインフレが庶民の購買力低下を招き、第4四半期の経済は減速との予想も出始め、経済基本金利(Selic)の調整がより困難になっている。   […]
  • 今年のインフレは3・25%=金融機関のアナリストが予測2020年11月17日 今年のインフレは3・25%=金融機関のアナリストが予測  中央銀行が毎週行う経済動向調査「フォーカス」の最新調査で、国内の金融機関のアナリスト達が今年のインフレが亢進傾向にあるとみている事が明らかになった。  年末のインフレ率(広範囲消費者物価指数、IPCA)は3・20%から3・25%に上方修正された。IPCAの上方修正は […]
  • 《ブラジル》基本金利が史上最低2%に=工業生産増と低インフレで2020年8月6日 《ブラジル》基本金利が史上最低2%に=工業生産増と低インフレで  5日に行われた通貨政策会議(Copom)で、経済基本金利(Selic)が2%に下がった。インフレが予想値よりも低い状況であることから、Selicが0・25%P下がって2・00%になった。9回連続の金利切り下げとなった。  ブルームバーグの調査によると、34人中30人の専門家 […]