ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》事実上の奴隷労働監査緩和に強い反発=奴隷労働の商品輸入拒むEU=既に摘発件数は低下していた

《ブラジル》事実上の奴隷労働監査緩和に強い反発=奴隷労働の商品輸入拒むEU=既に摘発件数は低下していた

奴隷労働下に置かれていたが、監査で救出された人々(Ascom Polícia Civil)

奴隷労働下に置かれていたが、監査で救出された人々(Ascom Polícia Civil)

 【既報関連】ブラジル連邦政府は16日、労働者を過酷な条件下で働かせる、いわゆる「奴隷労働」の定義や、摘発ならびに、雇用主をブラックリストに載せたり、罰則を適用したりする基準を改定したが、その事が国内外からの批判を招き、ブラジルからの産品輸出に悪影響を与える可能性さえあると、19日付現地紙各紙が報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ