ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界

《ブラジル》コロナ感染で闘病中の老夫婦=5時間違いで連れ添って他界

在りし日のフレイタス夫妻(25日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル中西部のゴイアス市に近いアパレシーダ・デ・ゴイアニア市で22日、新型コロナウイルスに感染して入院加療中だった老夫婦が、連れ添うようにわずか5時間差で亡くなった。
 ジョゼ・バジリオ・デ・フレイタス氏(83)とクストジア・ラウレアナ・デ・フレイタス氏(79)は、7月18日に新型コロナに感染した事が判明し、2日後に入院。
 症状が悪化して集中治療室に移された後、22日まで闘病生活を続けていたが、妻のクストジア氏が22日午前3時頃、夫のジョゼ氏が午前8時頃、息を引き取ったという。

 フレイタス夫妻は62年前に結婚し、4人の子供と8人の孫、4人のひ孫がいる。孫のカロリーナ・バジリオ氏によると、二人は非常に仲が良く、全ての家族の見本になるような人達で、「どちらか一人だけでは生きて行けなかっただろう」という。
 クストジア氏は血圧が高く、ジョゼ氏はシャーガス病を患った事があるが、遺族達は、互いが呼び寄せ合って天に旅立ったと信じている。(25日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アパレシーダの聖堂のミサ参加者激減=徒歩で行く巡礼者の数は増える2020年10月14日 《ブラジル》アパレシーダの聖堂のミサ参加者激減=徒歩で行く巡礼者の数は増える  12日、新型コロナの影響下で迎えた、ブラジルの守護神ノッサ・セニョーラ・デ・アパレシーダをたたえる祝日は、聖堂に集まる人の数も激減し、例年とはまるで異なる光景となった。  コロナ禍の中でのミサは、座席同士の間隔をあけた上、バラの花を置いて座っても良い場所を示すという […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 東西南北2020年8月13日 東西南北  ボルソナロ大統領の一族からはじめてコロナウイルスによる死者が出た。亡くなったのはミシェレ夫人の祖母マリア・アパレシーダ・フィルモ・ペレイラさん(80)。7月1日から連邦直轄区セイランジアの地域病院の集中治療室に入院していた。予断を許さない状況が続く中、2度ほど容態の好転も報じ […]
  • 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用2020年6月9日 《ブラジル》教師が子供用マスクを制作=子供達も楽しみ、率先して使用  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国でマスク着用の義務化が進んでいるが、ブラジリアのある連邦直轄区でもマスクが義務化された事を受け、公立校の教師が子供用に顔全体を覆うタイプのマスク(フェイスシールド)を作成したところ、好評で、子供達も率先して使用している。  親 […]