ホーム | ブラジル国内ニュース | パンアメリカン=ペルーのリマで26日開幕=五輪の試金石と見るブラジル

パンアメリカン=ペルーのリマで26日開幕=五輪の試金石と見るブラジル

選手村に入るブラジル選手団(Lima 2019)

 ペルーのリマで26日から、パンアメリカン競技大会が正式に始まる。同大会は南北アメリカ大陸諸国参加の総合スポーツ大会で、東京五輪開幕をほぼ1年後に控えるブラジル選手団にとり、出場権を争う場であると共に、五輪本番の活躍を占う機会でもある。 25日付ブラジル紙が見所などを紹介した。
 初の地元開催となった2016年のリオ五輪に向けては、公的な資金援助やスポンサーも集まったが、五輪が終わるとその多くが手を引いてしまい、なかなか継続的な強化が出来ているとは言いがたい。
 ブラジル五輪委(COB)会長パウロ・ヴァンデルレイ氏は、「民間企業からのサポートは減ったが、COBとしても、宝くじの収益などを各種目の団体に振り分けている」と語っている。同会長は、「パンアメリカンで、五輪1年前の立ち位置が分かる。正しい道にいるなら歩みを速め、間違いが見つかれば正す」と競技的側面から語った。
 リマに派遣されているブラジル五輪委(COB)会長選手は486人で、コーチ、スタッフなど藻加えると総勢800人を超える。開会式は26日だが、日程の都合上、ビーチバレーなどは24日から始まっている。
 スポーツニュースサイト、グローボ・エスポルテは閲覧者の投票によるブラジル注目選手ランキングを発表。25日現在では、1位女子柔道のマイラ・アギアール、2位体操のアルトゥール・ザネッチ、3位女子柔道のラファエラ・シルヴァ、4位オープン・ウォータースイミングのアナ・マルセラ、5位男子卓球のウーゴ・カルデラーノとなっている。
 41カ国が参加し、67種目で競うパン・アメリカン競技大会は8月11日まで行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 高等裁=大統領長男の訴えを無期延期に=職員給与不正着服捜査の打切り嘆願2020年9月16日 高等裁=大統領長男の訴えを無期延期に=職員給与不正着服捜査の打切り嘆願  連邦高等裁判所第5小法廷は15日、大統領長男フラヴィオ・ボウソナロ上議に関するラシャジーニャ疑惑の捜査差し止め審理を、無期延期することを決めた。同日付現地サイトが報じている。  ラシャジーニャ疑惑は、フラヴィオ氏がリオ州議だった2003年から18年にかけて行われたと […]
  • 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか2020年9月11日 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか  8日、国内で2、3番手の視聴率のテレビ局SBTは、女性看板キャスターのラケル・シェヘラザーデの解雇を発表した。これに対し「ついにボウソナロ政権による検閲行為、開始か?」と見る向きが少なくない。  その前触れがないわけではなかった。SBT社主は、一介のフェイランテから […]
  • ブラジル大統領=独立記念日演説で物議=マスクなしに軍政擁護2020年9月9日 ブラジル大統領=独立記念日演説で物議=マスクなしに軍政擁護  独立記念日の7日、ボウソナロ大統領は、マスクをしないまま記念式典に参加した上、スピーチで軍事政権を擁護するなどして物議を醸した。8日付現地紙が報じている。  独立記念日の式典は、ブラジリアのアルヴォラーダ宮で行われた。この日のイベントは例年、三権広場で盛大に行われて […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《リオ市》市長親衛隊が取材妨害=批判的メディアを標的に2020年9月2日 《リオ市》市長親衛隊が取材妨害=批判的メディアを標的に  マルセロ・クリヴェラ・リオ市長への批判報道を妨害しようとしていた、同市長側近に対する捜査を、リオ市警は1日に行った。同日付現地サイトが報じている。  今回の捜査は「フリーダム作戦」と呼ばれ、リオ地裁のソライア・ピナ・バストス判事の承認の下で行われた。この捜査では9件 […]