ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル政府》サラリーマン財形、公務員財形の引き出し解禁=70歳以上は19日から

《ブラジル政府》サラリーマン財形、公務員財形の引き出し解禁=70歳以上は19日から

 19日から、社会統合基金/公務員財形計画(PIS/PASEP)の積み立てを行っていた、70歳以上の人々に対する同資金の引き出し解禁が始まったと19日付現地紙各紙・ニュースサイトなどが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2006年8月26日 大耳小耳 2006年8月26日付け […]
  • 若者、ますますおませに=6割が体に磨きをかける2004年12月24日 若者、ますますおませに=6割が体に磨きをかける 12月24日(金) […]
  • 東西南北2020年3月24日 東西南北  イボッピが、10月に行われる聖市市長選の世論調査を行った。それによると、本番半年前の時点でのトップは支持率24%のセウソ・ルッソマノ氏で、それを現職のブルーノ・コーヴァス氏が18%で追う展開。18年のサンパウロ州知事選次点のマルシオ・フランサ氏は9%で3位で、18年大統領選に […]
  • 2009年1月7日 連載〈1〉=戦後移住開始前の52年=「連合艦隊がサントスに」 ニッケイ新聞 2009年1月7日付け  「もう二度と日本には帰りたくないと思ったね」。根っからの勝ち組だった父親の薫陶を受けて育った池田収一さん(86、福岡県福岡市出身)は戦勝を信じて疑わず、父親の号令のもと、戦後移住が始まる前年一九五二年、オランダ船ルイス号で一家九人帰 […]
  • コラム 樹海2007年6月15日 コラム 樹海 2007年6月15日付け […]