ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ラヴァ・ジャット作戦「検察庁と情報共有義務なし」=ファキン判事が連警有利判定

《ブラジル》ラヴァ・ジャット作戦「検察庁と情報共有義務なし」=ファキン判事が連警有利判定

ファキン判事(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 最高裁のエジソン・ファキン判事は3日、ジアス・トフォリ同長官の出していた暫定令を覆し、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦の捜査班は、連邦検察庁への情報を共有させる義務はないとの判断を下した。4日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ