ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ベネズエラ情勢》ブラジル外相、グアイド暫定大統領が任命した大使と面会=ロライマ州からベネズエラへ救援物資搬入へ=国境で“人の鎖”計画準備

《ベネズエラ情勢》ブラジル外相、グアイド暫定大統領が任命した大使と面会=ロライマ州からベネズエラへ救援物資搬入へ=国境で“人の鎖”計画準備

ベネズエラ支援問題を話し合った(左から)トレド議員、ベレンドリア大使、アラウージョ外相(twitter:@LesterToledoより)

ベネズエラ支援問題を話し合った(左から)トレド議員、ベレンドリア大使、アラウージョ外相(twitter:@LesterToledoより)

 【既報関連】エルネスト・アラウージョ、ブラジル外相は11日、ベネズエラのファン・グアイド暫定大統領に指名された駐ブラジル、ベネズエラ大使のマリア・ベレンドリア氏、ベネズエラ国民議会のレステル・トレド議員と会合したと、12日付ブラジル各紙が報じた。
 米国はベネズエラ国民への支援物資をコロンビア経由で送ろうとしたが、マドゥーロ政権は「支援の名を借りた軍事介入」として受け取りを拒否。軍が国境を封鎖し、物資は7日からコロンビアのククタで足止めされている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ