ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》黄熱病、流行終了宣言からひと月足らずで再発生?=サンパウロ市北部でワクチン接種開始

《サンパウロ州》黄熱病、流行終了宣言からひと月足らずで再発生?=サンパウロ市北部でワクチン接種開始

 【既報関連】ブラジルでは、今年はじめから4月頃にかけて、ミナス州を中心に黄熱病が流行した。サンパウロ州でも今年は51件(内22件は州外で感染した患者)の黄熱病発症が記録され、その内16人が死に至っている。

 ブラジル保健省は9月6日に一応の流行終焉宣言を出したが、今月9日にサンパウロ市北部のオルト・フロレスタル公園(オルト)で、黄熱病で死亡した猿の死骸が発見され、公園の封鎖と近隣住民への黄熱病予防ワクチン接種が行われていると、21~23日付現地各紙・サイトが報じている。

 オルトではその後も猿の死骸が発見され、その数は23日までに5体に上った(2体は腐乱が激しく感染の有無の確認は不能。最後に見つかった2体は検査中)。

 現在封鎖されて公園は、オルトと、同じトレメンベ地区にあるカンタレイラ公園の二つだ。サンパウロ州保健局のダヴィジ・ウイピ局長は、「パニックを起こす必要はない」と市民に平静を保つよう呼びかけた。

 サンパウロ州は黄熱病予防ワクチンを150万人分所有しており、公園の近隣住民には21日からワクチン接種を始めている。トレメンベ、カーザ・ヴェルデ、ヴィラ・ノヴァ・カショエリーニャの各地区を中心に100万人への接種を行う予定だ。

 人間への感染は、ネッタイシマ蚊などが媒介となって起こる。ネッタイシマ蚊は連続飛行距離が最大500メートルのため、黄熱病の予防接種を急いで受けなくてはならないのは、最大でも公園から1キロ以内に居住する人と、サンパウロ州伝染病監視センターのレジアーネ・デ・パウラ氏は語る。

 妊婦や授乳中の人、化学治療や放射線治療中の人、高濃度コルチコイド使用中の人々は黄熱病ワクチンを接種できない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月1日 東西南北  今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボルソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」 […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月19日 東西南北  サンパウロ大都市圏オザスコの連邦地裁は17日、次期サンパウロ州選出下議のアレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)に対し、リオ選出下議のジャン・ウイリス氏(社会主義自由党・PSOL)に29万5千レアルの罰金を支払うよう命じた。それは、フロッタ氏がウイリス氏は「小児性愛 […]
  • 東西南北2018年12月18日 東西南北  今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に […]