ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》公立校の対面授業中止=17日から4月1日まで

《サンパウロ市》公立校の対面授業中止=17日から4月1日まで

 ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は12日、サンパウロ市内の公立校の対面授業を17日から4月1日まで休止にすることを発表した。12日付現地サイトが報じている。
 この対面授業の休止で対象とされるのは、同市内にある全ての学校が対象。私立校に関しては、17日からは対面授業を行わないことを条件に、他の対策を講じることを認めた。
 17日から4月1日までの休みは、7月の休暇を前倒しする形で実行する。2日の金曜日は受難日で休日のため、実質的には4月4日まで休みとなる。

 コーヴァス市長は会見で、対面授業の中止を「コロナウイルスの感染がかなり進んでいる。対面授業の中止により、外を出歩かないようにすることに貢献したい」と、その意向を語っている。
 市立校に関しては、週明けの15、16日は学校での対応を継続し、家族との連絡や給食も続けるという。また、清掃その他の日常業務は、休みの間も輪番制で行う。
 コーヴァス市長はまた、地裁の出した「オレンジ、赤レベルでの対面授業の禁止」の命令に対しては、控訴する構えであることも明らかにした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天2021年6月17日 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天  「ハレルヤ、ハレルヤ(主をほめ讃えよ)」――ピアウイ州コレンテ市の病院で、新型コロナ感染症で入院していた女性に死期が迫っている事を感じた医師が、患者を落ち着かせるためにその傍らで歌ったところ、女性も一緒に歌った上、歌を聴きながら寝入り、数時間後に息を引き取るという出来 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]
  • 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる2021年6月16日 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる  ブラジル南東部のエスピリトサント州ヴィアナ市で13日、ボランティアによるオックスフォードワクチンの実験的接種が始まったと13日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  このプロジェクトは、ワクチンを半量にしても新型コロナへの抗体ができ、感染や重症化を防ぐ事ができるか […]
  • 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長2021年6月16日 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長  連邦政府が生活扶助(ボルサ・ファミリア)の見直しに合わせ、コロナ禍で家計の責任者である親を失った子供達への特別支援を考えていると15日付エスタード紙などが報じた。  15日現在で、コロナ感染症による死者は49万人に達し、あと1週間程度で50万人を超えると見られる。そ […]