ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》太鼓に青春をかける若者たち(下)=全伯大会3連覇、飛翔太鼓=問題あっても目指すは優勝のみ

《ブラジル》太鼓に青春をかける若者たち(下)=全伯大会3連覇、飛翔太鼓=問題あっても目指すは優勝のみ

飛翔太鼓のメンバー。左端が中原さん

飛翔太鼓のメンバー。左端が中原さん

 「和太鼓リーダー研修」の2日目、今年の全伯大会で優勝した飛翔太鼓(コロニア・ピニャール)が演奏を行なった。チームは13年、15年も優勝を果たし、5年間で出場した3大会全てを制覇している。栄光の影には、チームの問題を乗り越え、ひたすら優勝を目指したメンバーの姿があった。

 

 飛翔太鼓のメンバーはコロニア・ピニャール日本語モデル校の全校生徒12人。同校は05年から授業に太鼓練習を取り込んでいて、多くの子供たちが10歳になる前から太鼓に慣れ親しんでいる。

 メンバーの西川ゆかりさん(16、3世)は「太鼓を始めたときは遊びのような感じだった。でも、自分より小さい子がチームに入ってきて、先輩たちのように見本になりたいと思うようになった」と言う。「自分にとってチームはかけがえの無いもの。ずっと太鼓を続けていきたい」と笑顔で話した。

 2回の優勝を経験し、現在はチームの指導にあたる中原一男さん(18、3世)は今年の全伯大会を振り返り、「今までで一番辛かった」と言う。

 大会の1カ月前に、チーム内練習に取り組む姿勢について口論となり、メンバー同士の関係が悪化。一人が練習に参加しなくなった。親も交えて話し合いを重ねたが、関係が完全に修復することは無かった。

 それでも最終的にメンバー全員で大会に出場し、優勝を勝ち取ることができた。「メンバーが好きでも嫌いでも、とにかくいい演奏をしたい。その思いは皆同じだった」と話す。

 「僕たちの目標は大会で優勝すること。問題が解決していなくても、チームワークを発揮することはできる。それに優勝した後はやっぱり嬉しかった」と言う。来年3月には同じメンバーで、ブラジル代表として「日本太鼓ジュニアコンクール」に出場する。

 全伯大会に優勝したチームは翌年の大会に出場しないため、次に飛翔太鼓が優勝争いに参加するのは2年後の2019年。ただ、そのときには年長のメンバーが卒業し、在校生は7人程度になる。規定のチーム最大人数は13人だから、その約半分だ。

 中原さんは「きっと優勝できるのは今回まで。次は出ることすら難しいかもしれない」と話す。一方で、「人が減って苦しくなるだろうけれど、チームが無くなることはない。常に全力を出して演奏することは変わらない」と語った。

 飛翔太鼓の元メンバーで大学生の市川早由吏さん(20、3世)は「太鼓を通じて、結果が出るまで努力し続ける姿勢を学んだ。とても辛かったけどね」と笑う。

 現在は栄養士になることを目指して勉強していて、「諦めないで頑張ればきっと実現できる。これも太鼓から学んだことです」と話した。(終わり、山縣陸人記者)

 

関連コラム◎大耳小耳

 太鼓指導者の蓑輪敏泰さん(69、宮崎)は、演奏時の格好も徹底して指導する。例えばタトゥーが入っていればシールやリストバンドで隠させるし、ピアスなどの装飾品も厳禁。ブラジルの風習としてある程度は許容しても良いのではという意見もあるそうだが、断固として認めない。蓑輪さんは宮崎で指導していたとき、チームのメンバーがタトゥーを入れていたせいで、大会で悪い評価を受けた経験を持つ。「審査員の目がタトゥーに行ってしまう。いくら良い演奏ができてもそれではダメだ」と言う。「チームがブラジル代表として日本に行くことを目指すのであれば、許していてはいけない」と自らに言い聞かせ注意しているそうだ。厳しい言葉の裏には、高い志があることを知った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」2018年11月30日 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」  「帰ってきましたよ。みなさ~ん、ぜひ聞きにきてください」――NHKの歌番組に出演するなど活躍する、「日本魂、演歌を歌いにきた情熱の男」非日系ブラジル人演歌歌手、エドアルド(34)が29日朝来社し、30日晩の慈善ディナーショーなどへの来場を呼びかけた。  訪日したキッ […]
  • 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝2018年8月17日 世界ジュニア相撲選手権=アフダ選手が重量級で準優勝  「第15回世界ジュニア相撲選手権大会」と「第22回世界相撲選手権大会」がそれぞれ7月21日と22日に台湾の桃園(とうえん)市で行われた。日本、台湾を始め欧州やアジアなどの計25カ国・地域から男女約200人が参加。ブラジルからは11人が出場し、ジュニア大会男子重量級でジ […]
  • 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会2018年11月2日 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会  聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)が10月21日、『聖南西お話学習発表会』をイビウナ文協会館で行なった。聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカーバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市文協の日本語学校7校から約90人の生徒が参 […]
  • 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん2018年7月6日 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん  アマチュア歌手の中島幸夫さん(39、3世)が、5月26日に東京で開催された「第34回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会」にブラジル代表として出場し、グランプリを受章した。各地の予選を通過した130人が競い合うなか、演歌『望郷新相馬』を正確に歌い上げた中島さんが栄光をつ […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]