ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》奴隷労働の規制緩和差し止めに=最高裁判事が違憲と判断=最終決着は最高裁の大法廷で

《ブラジル》奴隷労働の規制緩和差し止めに=最高裁判事が違憲と判断=最終決着は最高裁の大法廷で

 【既報関連】ローザ・ウェベル最高裁判事は24日、野党の持続ネットワーク(Rede)が出していた、「政府が16日に出した、奴隷労働の定義、監査、罰則規定を緩和する命令は憲法に反する」との訴えを受け入れ、政府の命令の実効性を一時差し止める暫定令を出したと、同日付現地紙各紙電子版・サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ