ホーム | イベント情報 | 「一緒に楽しい一時を」=エスペランサ婦人会慈善お茶会

「一緒に楽しい一時を」=エスペランサ婦人会慈善お茶会

佐藤さんと桜井さん

佐藤さんと桜井さん

 エスペランサ婦人会(倉持恵美子会長)が『第40回慈善お茶会』を来月8日午後1時から、文協貴賓室(Rua Sao Joaquim, 381)で行う。参加費80レ。収益は援協や福祉4団体に寄付される。

 婦人会御手製弁当で会食し、歌謡ショーなどの演目を鑑賞しながら、ビンゴ大会で親睦を深める。同会ボランティアにより運営され、毎年250人以上が参加する。

 案内のため来社した佐藤一子さんと桜井エリーザさんは「手作りの美味しいお弁当を用意しています。楽しいひと時を過ごしましょう」と参加を呼びかけた。

 問合せは同婦人会(11・3208・3249)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オーリャ!2014年6月3日 オーリャ!  「普通のブラジル人はもともと暴力的じゃないのに、(一連のデモの)報道でそう思われているのがちょっと…」。あるブラジル人の友人は漏らした。 彼女は、先日バスの運転手らが予告なしでストに入り、バスに乗っていた女性が突然降りるように命じられ、困惑していた様子をテレビで観たという […]
  • 2013年11月13日 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦前編◇ (72)=最古の日系カトリック教会=不思議な政治的設立経緯 ニッケイ新聞 2013年11月13日  通常の日系カトリック史において、ノロエステ線プロミッソン植民地のゴンザガ地区に、1934年に落成献堂されたクリスト・レイ教会(正式名称=キリスト王日本二十六聖人天主堂)に脚光が当たることが多い。この点においても、レジスト […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(5)2020年9月16日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(5)  インテリ系としては、通訳5人男を輩出した東京語学学校(現東京外大)からは、鹿野久市郎、渡辺考、安藤潔(アンドウ・ゼンパチ)、内山勝男らの邦字紙を支える重要な人材が生まれた。  またキリスト教系統の人材としては同志社大学神学部関係の西原清東、週刊『南米』の星名謙一郎、 […]
  • 勉強会の様子(左から五人目が長村さん)2015年6月20日 人文研勉強会=長村裕佳子さんが研究発表=政治と邦字紙の関係語る  サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)の勉強会が11日午後6時から、文協ビル内の同研究所会議室で行われた。発表者に本紙クリチーバ通信員の長村裕佳子さんを迎え、「ブラジル邦字紙における日系政治家の選挙関連記事とその読まれ方について―ニッケイ新聞とサンパウロ新 […]
  • イタニャエン海岸一泊=歩こう友の会小旅行2004年1月28日 イタニャエン海岸一泊=歩こう友の会小旅行 1月28日(水) […]