ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=黄熱病対策の公園閉鎖15に=北部91の保健所で予防接種

サンパウロ市=黄熱病対策の公園閉鎖15に=北部91の保健所で予防接種

 【既報関連】サンパウロ市北部のオルト・フロレスタル公園で黄熱病に感染した猿の死体が見つかって以来、同市北部の公園封鎖や予防接種などの黄熱病対策が続いている。公園封鎖は同市北部の15公園に及び、この週末は、土、日曜日も予防接種を行うと26、27日付現地紙、サイトが報じた。

 サンパウロ市内で閉鎖されたのは、州立のオルト・フロレスタル、カンタレイラの2公園と市立のアニャンゲーラ、コッレゴ・ド・ビスポ、カニヴェッテ、ピニェイリーニョ・ダグア、セニョール・ド・ヴァレ、ジャシニョ・アウベルト、ロドリゴ・デ・ガスペリ、ジャルジン・フェリシダデ、サンドミンゴス、シダーデ・デ・トロント、ライオンズ・トゥクルヴィ、セナ、テネンテ・ブリガデイロ・ファリア・リマの12公園だ。

 公園同士は植生上の繋がりがあり、動物が行き来する環境上の「通路」と呼べるものがある。市役所が、猿の死体が発見されていない公園も閉鎖したのは、動物が行き来するならば、黄熱病を媒介する蚊も行き来する可能性があるためだ。

 公園の大半は26日から無期閉鎖となったが、すべての公園に塀がある訳ではない上、市民にとっては庭同様の公園もあるため、閉鎖されている事を周知徹底させる事が求められている。

 一方、21日に始まった予防接種キャンペーンに関しては、市役所が27日に、予防接種の実施箇所を北部にある91カ所の保健所(UBS)すべてに拡大した。キャンペーン期間は30日間とし、UBSでの対応時間も、27日からは、月~金曜日の午前7時~午後7時に拡大された。この週末も、28日は午前8時~午後5時、29日は午前8時~午後2時の各時間帯で、予防接種を受けられる。

 サンパウロ市保健局によると、予防接種対象者は当面、チエテ川以北の住民と、森林、農村地帯に出かける予定のある人だ。妊婦や生後6カ月未満の子供に授乳中の女性、ガンやコルチコイドを多用する必要のある病気の治療を受けている人などは、接種を避けた方がよい。

 森林地帯や農村部で黄熱病を媒介する蚊は、市街地型の黄熱病やデング熱、チクングニア熱、ジカ熱を媒介するネッタイシマカとは性質が異なるため、現時点では市街地型の黄熱病の危険性は少ない。その意味では、それ以外の地域の人が予防接種を受けなくてはと慌てる必要はないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日にサンパウロ市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線 […]
  • 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡2020年1月23日 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡  保健省が20日、サンパウロ州内陸部のソロカバ市に住んでいた男性が出血熱で死亡したと発表した。  同省によると、この男性は、アレナウイルス科のマンマレナウイルスに感染していた事が判明したという。マンマレナウイルスは、ブラジル出血熱の原因とされたサビアウイルスと似ており […]
  • 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響2020年1月16日 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響  ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。  ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論 […]
  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]
  • 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察2019年12月7日 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察  ブラジル保健省が5日、ジカ熱流行を宣言した2015年11月8日以降の総括を行ったと5日付同省サイトなどが報じた。  ブラジルでジカ熱流行が最初に確認されたのはペルナンブコ州で、同州での小頭症児増加が保健省に報告されたのは15年10月22日だ。事態を重く見た保健省は同 […]