ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル北東部》空港落成式に知事ら欠席=大統領の失言の余波続く=警備で責任のなすり合いも

《ブラジル北東部》空港落成式に知事ら欠席=大統領の失言の余波続く=警備で責任のなすり合いも

落成式でのボウソナロ大統領(Alan Santos/PR)

 ボウソナロ大統領は23日、バイア州ヴィトリア・ダ・コンキスタのグラウベル・コッシャ空港の落成式に参加したが、バイア州知事や州議会議長は欠席。警備を巡り、大統領と知事の間で責任のなすり合いさえ起きたと22、23日付現地紙サイトが報じた。
 落成式は23日午前11時からで、大統領は同日朝、バイア州のルイ・コスタ知事(労働者党・PT)が軍警の派遣を許可しなかったのは「嘆かわしい事」と発言した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ