ホーム | 日系社会ニュース | 秋の叙勲=ブラジルから9人=菊地さん、本田さん、小松中将ら=「皆さんの支えあっての受章」

秋の叙勲=ブラジルから9人=菊地さん、本田さん、小松中将ら=「皆さんの支えあっての受章」

パウロ・カズノリ・コマツ

パウロ・カズノリ・コマツ

ジラ・テレジーニャ・ダ・コスタ・ハイムンド

ジラ・テレジーニャ・ダ・コスタ・ハイムンド

本多文男

本多文男

武信和男

武信和男

多原敏弘

多原敏弘

城田志津子

城田志津子

菊地義治

菊地義治

フェルナンド・ヒサノ

フェルナンド・ヒサノ

尾形フランキ

尾形フランキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本政府が3日、『平成29年秋の叙勲』受賞者として当地在住の邦人4人、ブラジル人5人の計9人を発表した。以下、受賞者と功績(敬称略)。これに対し、菊地義治さんは「自分は日系社会に育ててもらったので、そのお礼のつもりで仕事をしている。受章は皆さんの支えがあったから」、城田志津子さんは「日本語・日本文化の継承に苦労してきた方々の活動が認められたと思うと本当に嬉しい」などと喜びを表した。

【邦人叙勲】

◎菊地義治(77)=旭日双光章=。元ブラジル日本都道府県人会連合会副会長、元サンパウロ日伯援護協会会長。ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会実行委員長を現在務める。

◎城田志津子(80)=旭日双光章=。ブラジル日本語センター評議員、ドウラードス日本語モデル校名誉校長。同校設立に関与し、伯国中西部における日語及び日本文化普及の中核をなす拠点に育て上げた。

◎本田文男(79)=旭日単光章=。元ラーモス日伯文化協会会長で、同移住地創設から今日に至るまで牽引役として、移住地の持続的発展と福祉向上や日語及び日本文化普及に貢献した。

◎多原敏弘(70)=旭日双光章=。元サルバドール日本語学校校長で、バイア日伯文化協会連合会会長を現在務め、日語教育普及や日系人及び在留邦人への福祉向上に貢献した。

【外国人勲章】

◎パウロ・カズノリ・コマツ(70)=旭日中綬章=。元伯陸軍本部工兵・建設副局長で、伯陸軍における日系人初の中将。日本人的価値観を伯陸軍において体現し、日系人の地位向上に貢献した。

◎ジラ・テレジーニャ・ダ・コスタ・ハイムンダ(67)=旭日双光章=。ブラジリア生け花草月の創始者で現会長。30年に亘り、首都に住む幅広い層に対して、生け花を紹介し続け、対日理解促進に大いに貢献した。

◎武信和男(90)=旭日単光章=。元ゴイアス州アナポリス日伯文化協会会長、元聖州プレジデンテ・エピタシオ文化体育娯楽協会会長。日系人の地位向上、日伯間の友好親善に寄与し、日語学校の開校に尽力した傍ら、日本文化の普及に尽力した。

◎フェルナンド・ヒサノ(68)=旭日単光章=。元ブラジルヤクルト営業取締役で、設立間もないブラジルヤクルト商工(株)に入社し、ヤクルト・レディという日本独自の販売体制の普及及び定着に尽力。伯国社会全体の健康増進のみならず、主婦層の社会進出を促し、日本のイメージ向上等にも貢献した。

◎尾形フランキ(88)=旭日双光章=。元パラナ日伯文化連合会巡回診療部長、元ロンドリーナ文化体育協会会長。1957年から57年間に及び日系社会の保健向上のための医療活動に従事し、福祉向上に貢献した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も2018年10月16日 先没者慰霊碑に正式な管理権=野村市議が仲介、市が県連に=民営化で撤去の危険も  聖市のイビラプエラ公園民営化計画の検討が進められるなか、権利の所在を明記する書類がないことが懸案事項となってきた「ブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑」。その管理権を明記する書類が今月4日、ブルーノ・コバス市長からブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に正式に渡さ […]
  • 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席2018年5月1日 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席  日本側での日本移民110周年記念式典が、第1回移民船が出港した4月28日に神戸で行なわれた。笠戸丸は1908年4月28日に航海に旅立ち、6月18日にサントス港に着いた。そんな日本側の110周年にあたる4月28日に、一般財団法人「日伯協会」(三野哲治理事長)は神戸海洋博 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 県連代表者会議=13年前の負債支払いへ=JETROの出展説明も2018年2月8日 県連代表者会議=13年前の負債支払いへ=JETROの出展説明も  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「1月度代表者会議」が、1日に文協ビル内の県連会議室で行われた。同会議では2005年度の第8回日本祭りでの未払い金支払い請求についての説明があった。また、今年度の日本祭りに各県の特産品紹介ブースを出す日本貿易振興機構(J […]
  • 県連定期総会=山田会長続投、新役員決定=ギネス記録の積極参加呼びかけ2018年4月26日 県連定期総会=山田会長続投、新役員決定=ギネス記録の積極参加呼びかけ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「3月度代表者会議」並びに「第52回定期総会」が先月29日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。定期総会では、山田康夫氏を会長とする単一シャッパが承認され、2期目の続投が決定した。  定期総会の役員改選で、続投が決定し […]