ホーム | 連載 | 2017年 | 県連故郷巡り 伯国/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃 | 県連故郷巡り=ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第16回=植民地の富が集められた地

県連故郷巡り=ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第16回=植民地の富が集められた地

ガイドのミライさん(左)は、コインブラ大学の女学生をつかまえて、伝統的な衣装やカバンについて一行に説明

ガイドのミライさん(左)は、コインブラ大学の女学生をつかまえて、伝統的な衣装やカバンについて一行に説明

 「中は写真撮影禁止!」と厳しく入口で係員からと釘を刺され、「なぜだろうな」と首をかしげて、コインブラ大学図書館に入ったら、これでもかというぐらいに豪華な金箔が壁や柱に施されていた。まるで内側が金閣寺のようだ。
 無事に故郷巡り一行と合流し、1717年に作られた石造りの伝統ある建物で、バスケットコートだけの体育館ていどの大きさ。その壁面は上までぎっしりと16世紀から18世紀に出版された貴重な6万冊の古書で埋まっている。
 グーテンベルクが印刷技術を発明したのが、1445年頃と言われているので、その少し後に出された主だった本がここに並んでいる訳だ。
 わざわざ副学長が故郷巡り一行を歓迎してくれ、「ここには人類の歴史の一部が収められている」と挨拶を始めたのを聞き、最初は「何を大げさな」と思った。
 だが欧州最古の大学の由緒ある図書館であり、その豪華さと言い、たしかに「人類の歴史の一部」と言っても過言ではない。こんなところが火事にでもなったら、その損害は人類レベルだ。
 さらに副学長は「実はブラジルと当大学は縁が深い。18世紀、ブラジルのエリート階級の子弟は、みなここで学んだ。そして独立を夢見て思想を養った。今のブラジルがあるのは、この大学のおかげである。スペインはあちこちに大学を作ったが、ポルトガルは長い間ここだけだった。つまりポルトガル語の大学はここだけだから、ブラジルの北東部、南部のエリート子弟はみなここで学んだ」と続けたのを聞き、すごい関係だと改めて感じ入った。
 コインブラは16世紀に来た最初の日本人が学んで死んだ場所であり、ブラジル植民地時代のエリート子弟が独立の夢を育んだ地でもあるのだ。
 まさに〃三角関係〃を象徴する場所だ。現在も2万5千人の学生中、2千人がブラジル人。言葉が同じというのは強い。ちなみに日本人留学生も約20人いるという。
 ガイドのミライさんは「ブラジルが植民地だった時代、キント税を取り上げ、それでこの金箔を貼った。大学の建物が贅を凝らし、貴重な本を集めることができたのは、ブラジルのおかげ」と付け足したのを聞き、複雑な気持ちになった。
 「キント」とは、ポルトガル王室が1534年に始めた税制で、植民地で掘り出されたあらゆる貴金属の20%(Quintoは5分の1のこと)を王室に納めるように定めたもの。ブラジルでは18世紀にミナス州などで金発掘ブームが起き、キントが徴収された。有名な観光地であるミナス州オウロ・プレット、サンパウロ州レジストロの上流付近も金採掘場の代表格だ。それが流れ流れて、この図書館の一部になっている訳だ。
 植民地時代に起こされた反乱「ミナスの陰謀」(Inconfidencia Mineira、1788~1789年)は、キント税の重さに耐えかねたブラジル人エリート子弟が中心になったはずだと思い出した。首謀者チラデンテスは「ブラジル独立運動の先駆者」として賞賛され、彼が処刑された4月21日はブラジルの祝日に制定されている。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 南東軍総司令官が日本館訪問=「友情と友愛の絆を深めた」2020年11月27日 南東軍総司令官が日本館訪問=「友情と友愛の絆を深めた」  「歴史ある日本館で、日系コミュニティーと共に過ごし、友情と友愛の絆を深められました」――17日にサンパウロ市イビラプエラ公園内の日本館を訪れたブラジル陸軍南東司令部の総司令官エドゥアルド・アントニオ・フェルナンデス大将は、そう乾杯の音頭をとった。同館を見た同大将は、「 […]
  • 滋賀群馬福島東京=弁当販売、ハンドメイド商品も=12月13日開催、注文締切8日2020年11月27日 滋賀群馬福島東京=弁当販売、ハンドメイド商品も=12月13日開催、注文締切8日  滋賀県人会(山田康夫会長)と群馬県人会(磯白田ネウザ会長)、福島県人会(今井由美マリナ会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の4県人会が、12月13日に「弁当&ハンドメイド販売」を開催する。  このイベントはサンパウロ市アクリマソン区にある滋賀県人会(Rua […]
  • 決選投票注目の若き左派トリオ2020年11月27日 決選投票注目の若き左派トリオ  29日に全国市長選の決選投票が行われているが、そこに3人の若い左派候補者が残っていることに注目が集まっている。  その3人とは、サンパウロ市のギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)、南大河州ポルト・アレグレのマヌエラ・ダヴィラ氏(ブラジル共産党・PCDo […]
  • 田中敬吾さん四十九日法要2020年11月27日 田中敬吾さん四十九日法要  サンパウロ新聞社会部次長だった田中敬吾さんの納骨式と四十九日法要が28日(土)10時から10時半まで、日伯寺で近親者25人のみで行われる。その後、正午までは友人・知人の焼香の時間となる。当時の様子は日伯寺ユーチューブチャンネル(www.youtube.com/channel/ […]
  • サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?2020年11月26日 サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?  新型コロナウイルスに対する予防接種ワクチンの有効性に関する報告が続き、ワクチンの実用化への期待が高まった事や米国大統領選の票の数え直しでバイデン氏の勝利がより確実になって来た事などで、サンパウロ証券市場(B3)の指数が連日上昇し、11万ポイントを超えた。  24日の […]