ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州内陸部は恐竜の宝庫=水陸両生獣や巨大な首長竜も

サンパウロ州内陸部は恐竜の宝庫=水陸両生獣や巨大な首長竜も

 サンパウロ州内陸部では最近、貴重な恐竜の骨が次々と見つかっており、恐竜の生息地だったのではないかと注目を浴びている。13日付現地紙が報じている。
 サンパウロ州内陸部のプレジデンテ・プルデンテでは、今年に入り、テロポドと呼ばれる、水陸両生の恐竜の骨が発掘され、注目を浴びている。
 サンパウロ州で恐竜の化石が発見されるのは珍しいことではなく、この70年間に化石が見つかった市はマリリア、アララクアラ、サンジョゼ・ド・リオ・プレット、バウルーなど9市に上る。
 マリリアにある古生物学博物館のウイリアン・ナヴァ氏によると、化石はサンパウロ州西部と中西部の全域、北部の一部で発見されており、今回、水陸両生の恐竜の骨が見つかったプレジデンテ・プルデンテでは、1950年や2000年代にも4足歩行の恐竜の化石が発見されている。
 研究者によると、恐竜の化石の多くは、高速道の建設現場の近くで発掘されており、建設機械によって破損したものも多いという。「化石の保存状態はよく、建設工事がなければ、もっと完全な形で出てきていたかもしれない」と語る。
 また、これまでに発掘された恐竜のタイプで目立つのは首の長い草食の竜脚下目で、大きいものは体長が25メートルに及ぶ。2009年にマリリアで見つかったティタノサウルスの化石は全長13~15メートル、重さ10トンほどで、ティタノサウルスとしてはブラジル国内で発見された化石の中で最大だったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]