ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ氏巡る=選挙時のワッツアップ問題再び=謎の業者が有利な情報拡散=スペイン企業が異常認める

《ブラジル》ボウソナロ氏巡る=選挙時のワッツアップ問題再び=謎の業者が有利な情報拡散=スペイン企業が異常認める

18日付フォーリャ紙電子版より

18日付フォーリャ紙電子版より

 昨年の大統領選挙時にブラジルの企業(複数)が、ジャイール・ボウソナロ氏が有利になる大量の情報をワッツアップを通して流していたとする発言を、スペインの企業家が行ったと、18日付フォーリャ紙が報じている。
 フォーリャ紙は昨年の大統領選時、親ボウソナロ派の企業が、対立候補に関するフェイクニュースなどをワッツアップで大量に流す契約をしていた疑惑を報じていた。その件はその後、高等選挙裁判所が管轄することになっていたが、そのままになっていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ