ホーム | イベント情報 | ベストセラーの原作を映画化=「なぜ生きる」23日から

ベストセラーの原作を映画化=「なぜ生きる」23日から

アニメ映画「なぜ生きる 蓮如上人と吉崎炎上」

アニメ映画「なぜ生きる 蓮如上人と吉崎炎上」

 アニメ映画「なぜ生きる 蓮如上人と吉崎炎上」が11月23日から上映されることが決まった。ポ語字幕付き。室町時代の浄土真宗の僧、蓮如(れんにょ)を中心とした史実を元にしたストーリーで、日本では29週間に渡って上映されるなど話題となった。
 原作は、明橋大二(あけはしだいじ)氏と伊藤健太郎氏の共著で2001年に出版されシリーズ累計100万部を売り上げた「なぜ生きる」。既にポ語に加えて、英中韓語に翻訳されており、今後さらにロシア語など4ヶ国語での出版を予定している。
 映画は「人はなぜ生きるのか」という問いに真っ向から向き合った作品。人生に絶望する青年が、蓮如が説く浄土真宗の教えに触れ、弟子入りし、問いの答えを求める。
 案内のためにサトリ出版社の山本真二さん、高瀬アリセ光江さん、南よしおさんは、「『なぜ生きる』のかは誰もが考えること。国を超えて広く見てもらいたい作品です」と述べ、「スタジオシブリ出身のアニメーターが多く携わっており、絵がとても綺麗。アニメ好きの方にもオススメです」と話した。
 作品はサンパウロ、リオ、ブラジリアなど主要都市の映画館・Espaco Itauで上映される。詳細情報は作品HP(http://porquevivemos-ofilme.com.br/)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声2021年6月25日 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声  【既報関連】23日夕刻、リカルド・サレス環境相の辞任と、ジョアキン・アルヴァロ・ペレイラ・レイテ氏の後任指名を告げる号外の連邦官報が出たと23、24日現地紙、サイトが報じた。  サレス氏は5月19日に行われた連警の「アクアンドゥバ作戦」の捜査対象の一人。不法伐採や違 […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]