ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■勝ち負け抗争最初の犠牲者の娘

■ひとマチ点描■勝ち負け抗争最初の犠牲者の娘

樋口愛子さん

樋口愛子さん

 長崎県人会創立55周年式典で最高齢だった来場者の樋口愛子さん(96)。実は1946年に勝ち負け抗争の最初の犠牲者となった溝部幾太の次女で、「父は母と子供3人とバストスに住んでいたが、私は嫁いだ先のポンペイアに居た。知らせを聞いて居ても立っても居られなかった」と心境を振り返る。

 でも夫から「バストスに行くなら離婚だ」と言われ、樋口さんは泣く泣くポンペイアにとどまった。「父は『日本は負けた』と人に話していただけ。父だって戦中まで日本が勝つように毎日お祈りしていた。それなのに同じ日本人に殺されるなんて」というと言葉を詰まらせた。

 それから70年以上が経ち、当時のことを話す機会は少なくなった。「今は県人会などで古い友人に会うのが楽しい。元気なうちはずっと参加し続けたい」と笑顔で話した。    (陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]
  • 『闇の一日』上映会24日=奥原監督、保久原氏講演も2018年3月13日 『闇の一日』上映会24日=奥原監督、保久原氏講演も  勝ち負け抗争を描いた映画『闇の一日』(奥原マリオ純監督、2012年)の上映会と講演会が24日(土)午後3時から、サンパウロ市の沖縄県人会本部(Rua Tomaz de Lima, 72, […]
  • ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載2017年11月22日 ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載  《私の一番の苦しい想い出は、姉があの事件のショックで恐怖症を患い、生涯、精神障害で苦しんだことです》――沖縄県人移民塾同人誌『群星(むりぶし)』第3号145頁には、そんな生々しい言葉がおどる。  「あの事件」とは、1943年7月8日、ブラジル政府の命令により24時間 […]
  • 傘寿を前に今もなお現役=テノール歌手 田中公道さん2016年11月29日 傘寿を前に今もなお現役=テノール歌手 田中公道さん  8月に来伯し19回目のブラジルツアーを開催したテノール歌手の田中公道さん(79、島根)が、今月16日に全日程を終えた。今回は全20公演を消化し、主にサンパウロ州内各地でその歌声を響かせた。  田中さんにとってブラジルとの出会いは、10年前の島根県人会創立40周年式典。そ […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(4)=抗争の印象は軌道修正へ2015年7月7日 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(4)=抗争の印象は軌道修正へ  また奥原氏は、臣道連盟や勝ち組の人々が受けた迫害を、州の真相究明委員会に持ち込んだ。その結果、州議会で公聴会が開催され、委員会が、被害者と日系社会に謝罪するという成果があがった。 さらに、6月6日、旧DOPSの本部を改装したメモリアル・レジステンシアで行われた『闇の一日』 […]