ホーム | 日系社会ニュース | 334人出場で盛大に=サンカエターノ・カラオケ大会

334人出場で盛大に=サンカエターノ・カラオケ大会

 

大会の様子(提供写真)

大会の様子(提供写真)

 サンカエターノ・カラオケ会(寺田専登(せんと)会長)は、同市の公式文化行事の一環として『第29回サン・カエターノ』を7月30日、南サン・カエターノ総合大学内講堂で開催した。
 例年、全伯カラオケ大会(ブラジレイロン)の前に開催される同大会。だが、会場の日程が合わず、大会後に行われることとなったため、主催者側には懸念が広がっていた。でも58団体から334人の参加者が集い、大盛況で幕を閉じた。
 大会は全34部門で競われ、参加者は日頃の成果を競った。95歳の最高齢というフカノ・マサミさん、「まるで歌うために生まれてきた人」と評されたタシロ・アンジェリカさんらが受賞に輝いた。
 大会を終えて寺田会長は、「皆様の援助と協力を下に無事終えることができ、遠方から多く来場して頂き厚くお礼を申し上げたい」と謝意を滲ませた。
 「来年は移民110周年を迎えるとともに、同会も30周年の節目。鏡開きや記念品贈呈なども用意し、盛大に大会を行いたい。皆様と再会できるのを楽しみにしています」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンカエターノでカラオケ大会=市制141年記念、320人出演2018年7月25日 サンカエターノでカラオケ大会=市制141年記念、320人出演  サンカエターノ・ド・スル市が市制141年を記念し、29日午前7時半から午後10時まで、サンカエターノ・ド・スル大学(Rua Santo Antonio, 50, […]
  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー2020年4月14日 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー  ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮ら […]
  • コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに2020年3月31日 コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのオルランド・モランド市長(民主社会党・PSDB)が新型コロナウイルスに感染した上、体調が悪化して集中治療室(UTI)に入院したことが明らかになった。29日付現地サイトが報じている。   サンベルナルド市役所によると、モランド市長 […]