ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル音楽街道かける=本場の反応確めに=斎藤みゆきさんが来伯

ブラジル音楽街道かける=本場の反応確めに=斎藤みゆきさんが来伯

1月16日(木)

 ブラジル音楽を歌い続けて二十年、神奈川県茅ヶ崎市在住の歌手・斎藤みゆきさんが、昨年六月に完成した初めてのアルバムCDのプロモーションを兼ねて十日、来社。「曲はすべてブラジルの味わいにあふれたものですが、当然日本人らしさも出ている。本場の反応を確かめたい」と語った。十六日までの滞在中はサンパウロ、リオを訪ね、たっぷりとブラジル音楽の栄養を吸収していく予定で、「ゆくゆくはライブなどブラジルでも活動が出来れば」と夢見る。 
 斎藤さんは元々、ジャズやブルースを歌っていた。それがサンバに魅了されて以来、ブラジル音楽街道をまっしぐら。日系人から個人レッスンを受けるなどポルトガル語の習得にも精を出した。初の自作CDのタイトルは『エストラーダ(道)』。ブラジルにほれた自分の歩みを振り返ったのか、そう名付けた。収録された六曲のうち、日本語で歌われているのは一曲のみだ。
 「歌うだけでなく、踊るのも好きだった。でも、ジャズは四ビート。当然踊れません。そんなときにサンバと出会った。ブラジル音楽はダンスミュージックも豊富。すぐにのめり込んだ」
 日本のサンバ・チーム「バルバロス」に参加。歌手兼ダンサーとして活躍するかたわら、東京にあるブラジル音楽専門のライブハウス「サッシペレレ」(四谷)、「プラッサ・オンゼ」(青山)などにレギュラー出演してきた。
 ブラジルには九三年、カーニバルの期間をはさんで二カ月間滞在。サルバドール生まれのダンス音楽アシェと出会ったことで、さらにブラジルに傾倒。そこに住む人や文化にも関心を広げ、日本人とブラジル人の聴衆では歌を聴く態度が違う、という認識を得た。
 「日本人はなんとなく雰囲気で感じるところが大きいが、ブラジルでは歌い手の個性を評価してくれる」
 そんな思いが二度目の来伯につながっている。「とにかく自分の歌を聴いてもらいたい」と、八歳になる男児を実家に預けて単身ブラジルに。当初は現地のラジオでなんとか自分の歌を流せないものかとも考えたが、「こちらの音楽関係者からは早速、『いまは厳しいよ』と言われました。ブラジルの音楽家でも難しい状況とのこと」。そう話す。
 帰国後は、新曲の録音が決まっている。作詞は自ら手掛け、一つは日本移民をテーマに据えた。「日いづる国の誇り高き開拓者」。この一語だけは必ず歌詞に盛り込むつもり、という。既に日本の古本屋で移民関係の本を入手するなど、資料収集にも余念がない。 
 「移住者の歴史には苦労や悲しみが強調される側面もありますが、わたしは移住者の『強さと明るさ』に魅了されているから、その辺を表現したい。生気とモラルを失っている日本へのメッセージとなれば」
メロディーは少しゆったりとしたサンバ調で、ドラマチックな展開の曲になる。歌の題名はサンパウロ市の日本人街にちなんで、「リベルダーデ(自由)」に決めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に2020年12月17日 リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に  リオ市のエスコーラ・デ・サンバ独立リーグ(Liesa)が14日午後、21年7月11、12日の両日に予定されているスペシャルグループの行進(デスフィーレ)の順番を決めた。  新型コロナの感染拡大を防ぐため、抽選は各エスコーラの代表だけが参加して行われた。  11日の […]
  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 惨事や人ごみを悪用する輩達2019年3月7日 惨事や人ごみを悪用する輩達  サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並 […]
  • なぜ「ガンジーの息子たち」なのか=サルバドールのブロッコを訊ねる=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年4月26日 なぜ「ガンジーの息子たち」なのか=サルバドールのブロッコを訊ねる=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  今年のカーニバルも終わり季節は秋に移った。ブラジルと言えばカーニバル。6年前に本格的にサンパウロでの生活をはじめ、その国を知るにはまず歴史から、と建国500年余の歴史を紐解きながら、ついでに、そもそもブラジルのカーニバルとはどういうものか調べてみた。  そこで、イン […]