ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市=格闘家と医大生を逮捕=路上生活者の女性殺害で

リオ市=格闘家と医大生を逮捕=路上生活者の女性殺害で

 10月18日にリオのコパカバーナで起こった路上生活者の女性殺人事件で、リオ市警は14日、総合格闘家と医大生の2人を殺害容疑で逮捕した。16日付エスタード紙が報じている。
 殺害されたのはフェルナンダ・ロドリゲス・ドス・サントスさん(40)で、10月18日にリオ南部コパカバーナのノッサ・セニョーラ・デ・コパカバーナ大通りで寝ていた際に、胸を銃で撃たれて死亡した。
 事件の捜査には1カ月弱の月日を要したが、14日になって、市警殺人課が、総合格闘家のクラウジオ・ジョゼ・サントス(42)と医学生のロドリゴ・ゴメス・ロドリゲス(28)の2人を殺害容疑で逮捕した。
 市警側はどのようにして両容疑者逮捕に行き着いたのかや、どのような形で殺害を行ったのかを明らかにしていないが、クラウジオ容疑者宅からはコカイン142グラムとクラック96グラム、大麻10グラム、それらの測量用らしき秤、さらに殺害当日着ていたとされる衣服が押収されている。同容疑者は、麻薬取引を行っていたとも言われている。
 フェルナンダさんはコパカバーナ近辺では良く知られた路上生活者だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺2018年5月11日 《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺  【既報関連】3月14日にリオ市中央部で起きた、マリエーレ・フランコ市議(自由社会党・PSOL)と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件で、首謀者の一人と名指しされた元軍警のオルランド・デ・アラウージョ氏は、同件と酷似する殺人事件関与の疑いで逮捕中と9、10日付現地紙サイトが報 […]
  • 妊娠7カ月の恋人殺害=首だけもって警察に自首2015年3月31日 妊娠7カ月の恋人殺害=首だけもって警察に自首  28日午後7時頃、聖市中央の市警第1署に女性の首を入れたリュックを持った青年が恋人を殺したと自首してきたと30日付伯字紙が報じた。 自首してきたのは市南部ペドレイラ在住のジョゼ・ラモス・ドス・サントス容疑者(23)で、妊娠7カ月のシェルレイ・ソウザさん(16)がクリスマス […]
  • リオ市=巨大スラム・ロッシーニャで軍警がスペイン人観光客を射殺=「車で検問を突破したため」と弁明=銃撃戦の発生した日にツアー催行2017年10月25日 リオ市=巨大スラム・ロッシーニャで軍警がスペイン人観光客を射殺=「車で検問を突破したため」と弁明=銃撃戦の発生した日にツアー催行  【既報関連】23日午前10時半頃、リオ市南部のファヴェーラ(スラム街)ロッシーニャで、スペイン人観光客が軍警に撃たれて死亡する事件が発生したと、24日付現地紙各紙・サイトが報じた。  亡くなったのは、ファヴェーラツアーを終え、帰りの車に乗ったスペイン人女性のマリア・エスペラ […]
  • 北東伯=麻薬蔓延で殺人多発=家族同士の喧嘩で暮れる町も2015年2月11日 北東伯=麻薬蔓延で殺人多発=家族同士の喧嘩で暮れる町も  セアラ州フォルタレーザ市の一角では、車やバイクの運転手は窓を開けて走る、ヘルメットは被らないといった特別な注意が必要だ。8日付エスタード紙によると、これは市内で勢力を競いあう麻薬密売組織に狙撃されるのを避けるための常套手段だ。最近は第3勢力も台頭し始め、麻薬売買の拠点確保 […]
  • ペドリーニョスでまた殺人=昨年は60人殺害の刑務所2014年8月30日 ペドリーニョスでまた殺人=昨年は60人殺害の刑務所  マラニョン州サンルイスのペドリーニョス刑務所で27日夜、収監者同士のけんかが起き、当事者の一人が殺された。これにより、今年に入ってからの同刑務所内での殺人事件の犠牲者は14人となったと29日付アジェンシア・ブラジルが報じた。 ペドリーニャスは同州最大の刑務所で、州内で麻薬 […]