ホーム | 連載 | 2017年 | 県連故郷巡り 伯国/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃 | 県連故郷巡り ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第27回=三国の様々な歴史的な絆

県連故郷巡り ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第27回=三国の様々な歴史的な絆

サンパウロに帰りついて、ほっとした表情の下本夫妻

サンパウロに帰りついて、ほっとした表情の下本夫妻

 大武はブラジルでポ語を習得して帰朝。《その後、二十数年間引き続いて在本邦ブラジル公使館(今は大使館)に通訳官として勤務し、その寸暇を割いて有志者にポルトガル語を享受し、我が国最初の葡和辞典と和葡辞典を編纂出版した~》(332頁)。大武は1895年の日伯修好通商条約締結の裏方として活躍した。その条約により、正式に日伯の国交が開かれ、日本移民を導入する道につながった。
 一方、レオポルド親王はその後ブラガンサ家のつながりからオーストリアの海軍大佐となり、そこで余生を過ごした。《欧州の生活には最後までなじめなかった。ブラジル人との緊密な関係を保ち続けた。ウィーン郊外にある居城にはブラジルの写真や物が飾られていた》(ウィキペディ)とある。少し物悲しいブラジル王室の最後だ。
 二宮さんが指摘した三つ目の3国関係「第2次大戦中からポルトガルが中立国として、日本におけるブラジルの利益代弁国になっていた件」も重要だ。1942年1月にブラジル政府は枢軸国に対して国交断絶を宣言した。つまり日伯は直接の外交関係が亡くなった。だから中立国に「利益代弁国」になってもらい、そこを通してやり取りするしかなくなった。
 ブラジルにおける日本の利益代弁国はスペイン(後にスウェーデン)、日本におけるブラジルの利益代弁国はポルトガルが担った。そのおかげで、開戦直前に訪日して勉強していた二世らは終戦直後、帰伯する際、ポルトガルが代わりにパスポートを発行してブラジルに帰れるようにした。
 終戦直後、日本からのブラジル帰国1号は二世の杉本クララだった。彼女が1948年1月に帰って来た時もポルトガルの世話になっただろう。この状態は1952年9月12日に日伯通商協定が結ばれるまで続いた。これを受けて、同月29日に戦後初の日本国大使として君塚慎が着任した。二宮教授の言う通り、3国の歴史は様々な局面で交わっている。
     ☆
 最終日9月22日午前、第1グループはTAP89便でブラジルに向けて出発。夕方6時ごろ無事にグアルーリョス国際空港に到着した。
 空港でホッとした表情の下本八郎元州議(81、二世)に感想をきくと、「ポルトガルは35年前以来4回目。道路も良くなり、高い建物も建つようになった。ポルトガル人がブラジルに対して敬意を持つようになってきたのを感じる。あそこから独立したのだから、『親』のような存在だと思ってきた。今回の旅は日系人にとっても意味があるもの。3国関係を辿るような旅は初めて。来年のポルトガル人日本上陸475年の記念行事には、ブラジルからも積極的に参加したらいいね」と早くも期待を膨らませていた。(終わり、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表2020年12月5日 《サンパウロ州》知事「コロナバック1月に開始可能」=連邦政府の中国製外しに反発=州独自の接種計画7日発表  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)とサンパウロ市にあるブタンタン研究所のジマス・コーヴァス所長が3日、同研究所が治験を統括し、生産も行う中国シノバック社製の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」の接種は、来年1月から可能と主張。来年3月から […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など2020年12月5日 《ブラジル》コロナ禍=死者増加で新対策続々=リオ、BH、サンパウロ市など  新型コロナの感染再拡大で、感染者や死者の増加に危機感を抱いている自治体が、次々に新たな対策を発表していると4日付G1サイトなどが報じた。  3日現在の感染者は前日比5万434人増の累計648万7084人、死者も755人増の累計17万5270人。直近7日間の1日あたり […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流2020年12月5日 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流  隔年開催の「外務省研修生OB会ラテンアメリカ会議」の第17回総会が11月3、4、5日に開催された。例年5月の開催のところ今回はコロナ禍の影響で11月に延期し、宮坂国人財団(西尾ロベルト会長)の協力のもと、初のオンライン開催に踏み切った。  同会にはラテンアメリカ・カ […]
  • ■訃報■佐藤八朗さん2020年12月5日 ■訃報■佐藤八朗さん  日系旅行社協会元会長、「宮城県人会を明るくする会」代表、農業技術移住者協会役員などを務めた佐藤八朗さんが、4日午前6時にサンパウロ州インダイアツーバ市内のアウグスト・オリベイラ・カマルゴ病院(Hospital Augusto de Oliveira […]