ホーム | ブラジル国内ニュース | 高齢者の53%が「まだセックス」=ブラジル人の性生活調査結果

高齢者の53%が「まだセックス」=ブラジル人の性生活調査結果

 「60歳を超えても、国民の53%が性生活を楽しんでいる」―。先頃、ブラジル国内で行われた世論調査で、高齢者になった後でのブラジル人の性生活の実態が明らかになっている。
 調査団体ダッタフォーリャが全国の16歳以上の人、2732人を対象に行った性生活に関する最新調査によると、60歳以上の人で「性生活を実践している」との問いに「はい」と答えた人は男性が83%、女性が29%おり、トータルで53%が性生活を続けていることを認めた。
 もっと細かく、世代別で見ると、「60~70歳」で性生活をしている人は58%、71~80歳でも43%、81歳を過ぎると大きく減るが、それでも31%の人が性生活を行なっているという。
 さらに細かく世代別で見ていくと、「16~24歳」で73%、「25~34歳」が89%、「35~44歳」が90%となっている。
 中年になってからも、「45~49歳」が86%、「50~54歳」が85%、「55~59歳」でも75%とかなり高い数字になっている。
 60歳以上の人の性生活の頻度は、「週に1度以上」が27%で最も多く、「半月に1度」が13%、「月に1度」が7%、「3カ月に1度」が2%。「半年に1度」が1%となっている。
 今回のアンケートに際し、高齢者の組合運動などを行なっているテレーザ・マルケジーネさん(74)は、「若いときには、肉体を使った性愛は若いときにしかできないと思うものなの。でもね、いざ、愛する人に出会ったら、年齢なんて全然関係なくなっちゃうのよ」と語っている。テレーザさんは独身だが、60代の恋人がいるという。(27日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • おもちゃの銃使い強盗=サンパウロ市内で3件、全員逮捕2003年1月10日 おもちゃの銃使い強盗=サンパウロ市内で3件、全員逮捕 1月10日(金)  【アゴーラ紙九日】七日午後九時から八日午前八時までの十一時間の間に、サンパウロ市でおもちゃの拳銃を使った強盗事件が三件も発生した。全員犯行に失敗し、警察に逮捕された。 […]
  • 東西南北2015年12月12日 東西南北  明日13日は、3、4、8月に続く、全国的なマニフェスタソンが行われる。サンパウロ市は例のごとく、今回もパウリスタ大通りが開催場所となる。今回のテーマは、ズバリそのもの、「ジウマ大統領罷免」になるわけだが、しかし、それだけで済むとは思えない。国民の中には、エドゥアルド・クーニャ […]
  • 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務2020年4月16日 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務  島根県出雲市にある村田製作所からコロナウイルス感染者がでたことにより、3日間工場の停止、7千人が自宅待機することが日本経済新聞4月14日付け電子版で報道された。同製作所には昨年8月時点で、少なくとも1千人規模の在日ブラジル人労働者が働いていたと報じられている。  日経紙によ […]
  • バス専用道路が一部開通=計画から10年の歳月過ぎる=サンパウロ市2007年3月16日 バス専用道路が一部開通=計画から10年の歳月過ぎる=サンパウロ市 2007年3月16日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙九日】フラ・フィーラと名付けられ、計画が発表された当時は画期的都市計画と注目を集めたサンパウロ市内高速バス専用道路が十年の月日を経た八日、一部の開通式が行われた。 […]
  • クーニャ逮捕の余波は?=本人抵抗も証拠は十分=連邦政府内では緘口令も=デラソンで心配されるのは?2016年10月21日 クーニャ逮捕の余波は?=本人抵抗も証拠は十分=連邦政府内では緘口令も=デラソンで心配されるのは?  【既報関連】19日のエドゥアルド・クーニャ前下院議長(民主運動党・PMDB)逮捕で、連邦政府内には、その余波を恐れている向きがあると、20日付現地紙が報じている。  クーニャ氏は19日、ブラジリアからパラナ州の連邦警察に連行される際、自身の逮捕を「証拠もないのにばか […]