ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ルーラ元大統領の息子、ルリーニャ裁判の担当裁判所変更=ラヴァ・ジャット作戦担当判事の手離れる

《ブラジル》ルーラ元大統領の息子、ルリーニャ裁判の担当裁判所変更=ラヴァ・ジャット作戦担当判事の手離れる

 ブラジル南部、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレの第4地域裁(TRF―4)のジェブラン・ネット判事が11日、ルーラ元大統領の息子のファビオ・ルイス・ルーラ・ダ・シウヴァ氏(通称ルリーニャ)の裁判をサンパウロ州の連邦裁判所で扱うことを決めた。11、12日付現地紙・サイトが報じた
 これは、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦を担当していたパラナ州連邦検察の主張を否定する判断だ。これにより、ルリーニャを裁く権利は、クリチーバの連邦地裁第13法廷のルイス・アントニオ・ボナ判事の手を離れることとなった。
 ボナ判事は、前任のLJ作戦関連裁判担当のセルジオ・モロ判事が、ボルソナロ政権発足に伴って法務大臣になった後にLJ担当に任ぜられた。
 ルリーニャは、LJ作戦69弾のマッパ・ダ・ミーナ作戦で捜査されていた。同作戦は、ルリーニャの企業「ゲームコープ/ゴル」が、2004年から2016年の間に「Oi/テレマール」社から受け取った1億3200万レアル超の支払いに関する疑惑を扱っている。
 ルリーニャの会社が受け取った金は、当時のルーラ大統領が大統領の立場を利用して、「Oi/テレマール」社に対して便宜を図ったことに対する謝礼だとクリチーバ検察は見ている。
 また、ルーラ元大統領は、息子の会社経由で得た金をサンパウロ州アチバイアの別荘購入資金に当てたとも見られている。
 ルーラ元大統領は、同件に絡む疑惑の裁判の第一審で17年1カ月の実刑判決を受けている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》LJ作戦関連裁判=モロの後任判事がルーラと直接対決=疑惑徹底否定の元大統領=アチバイア裁判判決近し2018年11月17日 《ブラジル》LJ作戦関連裁判=モロの後任判事がルーラと直接対決=疑惑徹底否定の元大統領=アチバイア裁判判決近し  サンパウロ州海岸部グアルジャー市の三層住宅に絡む収賄疑惑でルーラ元大統領が2審有罪となり、4月7日に収監されて以来初の証人尋問が、14日にクリチーバ地裁で行われたと、15日付現地各紙が報じた。  この尋問は、アチバイア市の別荘改装に絡む収賄、資金洗浄の嫌疑に関するも […]
  • 《ブラジル》セアラー州の軍警ストようやく終結=カーニバル中、約2週の混乱=他州や国にも広がった不安2020年3月3日 《ブラジル》セアラー州の軍警ストようやく終結=カーニバル中、約2週の混乱=他州や国にも広がった不安  1日、セアラー州の軍警が、12日間にわたって行われたストの終結を宣言した。その間、同州内での犯罪が飛躍的に増加し、連邦政府が治安強化のために軍隊の派遣を行うなど、大きな混乱を生じさせた。2日付現地紙が報じている。  今回のストは、州政府が出した給与調整案を不服とする […]
  • 東西南北2019年12月13日 東西南北  ボルソナロ大統領は11日、自身が皮膚がんにかかっている可能性があると記者団に語った。大統領はこの日、ブラジリアにある空軍病院で左耳から採血して検査を行ったが、大統領官邸に戻るやいなや、先のような発言を行った。ボルソナロ氏はこの検査のため、バイア州サルバドール行の飛行機をキャン […]
  • 《ブラジル連邦検察庁》ルーラ元大統領への夜間、休日限定禁固刑容認の意見書提出=「完全に正しい」と弁護側2019年6月6日 《ブラジル連邦検察庁》ルーラ元大統領への夜間、休日限定禁固刑容認の意見書提出=「完全に正しい」と弁護側  ブラジル連邦検察庁(MPF)が高等裁判所(STJ)に、「サンパウロ州グアルジャー市の高級三層住宅に関する収賄と資金洗浄の罪で禁固刑となっているルーラ元大統領は、セミアベルト(夜間、祝休日限定の禁固)の権利を有する」との意見書を送付したと、4、5日付現地各紙・サイトが報 […]
  • 東西南北2019年5月29日 東西南北  26日のデモで国民が金融活動管理審議会(COAF)をセルジオ・モロ法相の下に戻すよう訴えたため、上院が国民の支持するように変えようとしていたタイミングで、当のボルソナロ大統領が「変えてくれるな」との要求を行った。もっとも、同件は他の法案とセットになっているもので、それら全体の […]