ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(3)

どこから来たの=大門千夏=(3)

 この通りには左側に広島県人会、全国拓殖連盟の事務所があり、そのずっと向こうには東山銀行もあった。右側には散髪屋、事務用家具店、美容院、八百屋、木工所まであり、どれも家族経営の小さな商いで、事務用家具店と言っても事務机が六?七卓並べてあるだけで、若い男が終日うたた寝をしていた。
 私達が入った借家は古いせいか、家の中の造作が大きくて天井は高く、トイレ兼シャワー室は一八〇㎝×三五〇㎝もあった。
「日本人は一日の疲れを風呂でとらねばならない」と盛んにいう夫。
「西洋風呂にしなくては外国に来た気分がしない」と言う西洋かぶれの私の意見をいれて、長々と寝転んで、ゆったりと入れる風呂を注文することになった。
 近所の大柄な赤ら顔の大工はすぐにやってきて、几帳面そうにきちんと測って、長さ一八〇㎝、深さ五〇㎝、幅五〇㎝の大きさで、厚さは三㎝のセードロの木で作ればよいと教えてくれた。
「これなら最高の風呂おけが出来ますぜ。任しといてください」とまじめな顔をして言い、額の汗を拭きながら帰っていった。
 二週間して、出来上がったので持ってゆくと連絡があった。
 助手と二人前後に担いで、五〇mくらい先の店から、おっとり、おっとりと歩いて持ってきた。良い木の香りがする。いかにも頑丈そうではあるが、想像以上に不格好なものが出来上がってきた。まるで棺桶。
 サテ、風呂場に入れようとしたが、あまりにぴっちりと出来すぎていて、重い桶をあれこれ動かしてみたが「あそび」がなくてどうしても入らない。
「二〇㎝切らしてもらいます」そういって大工は又、助手と二人で担いで持って帰った。
 二週間して「昨日出来上がったが、今、助手が長期休暇を取っているので、もう少し待ってくれ」と連絡があった。
「郷に入っては郷に従え」…しょうがないねーとおとなしく待っていると四?五日して、あわてた様子で件の大工がやってきた。
「イヤー弱った。子供たちが集まってくるもんだから…早く引き取りに来てくれ」と気難しい顔をしていう。
 何のことかさっぱり分からない。夕方、仕事から帰って来た夫と行ってみると、店の真ん中に注文した西洋式風呂がデーンと置いてある。
 その周りを五人の子供が取り囲んでいる。五歳から一〇歳くらいだろうか。手に手に草を、花を持っている。皆まじめな顔をして私達をちらと見たが、意に解すことなく、じっと風呂の中をみている。
 ひょいと風呂の中を見ると、男の子が一人、上を向いて両手を胸のところに組んで、目をつむって寝ているではないか。周りの子供達は手に手に持っている草花を投げ込んで、まじめな顔をして十字を切り、両手を胸の前に組んで頭を下げている。
「まーあ」と私が思わず奇声を上げると、子供達はチラと私を見たとたん飛び上がって、あっという間に逃げて行った。風呂の中にいた子供は目を開くと、ばつが悪そうにして立ち上がると、これまた脱兎のごとく逃げていった。
「この通りだ。ガキどもが毎日来て葬式ごっこだ。早いこと持って帰ってくれんと子供がどんどん増える」と大工は口をへの字に曲げていった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]