ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(57)

どこから来たの=大門千夏=(57)

 ショーウィンドウの中を見ていると、時には何だろうと分からない物がある。「おじさーん」と呼んでみるが、主は本を読みながらチロリと上目使いにこちらを見て、すぐにまた本に目を移してしまう。
 しかしこれは子供だからでもないらしい。
 大人のお客が来て「すみませーん。これはー」と問いかけてもチロリ。聞こえないふりをして読書している。
 どこの店だってお客が来ると、ハイいらっしゃいませとニコニコ店主が出てきて、その上お世辞まで言うのにそれがどうだろう。骨董屋ってのはお客が来てもうるさそうにして返事もしない。読みたいだけ本を読んでいる。こんな商売はどこにもない。子供心にいつも感心して、憧れさえもって見ていた。
 今に私も骨董屋をしながらシャンデリアの下で存分読書をする。いつの間にか我が人生の夢、希望になってしまった。
 それから三〇年後、私はブラジルで骨董屋を始めた。もちろん頭上には安物のシャンデリアを下げた。これを見上げるとすっかり骨董屋気分に浸れ、満足至極。この下で充分読書をした。
 ある時、ブエノス・アイレスの街で中国の陶器の皿を買った。
 「明朝時代のものです」と店主は言ったが、もちろん本気にはしていない。中国の品は自分にとって専門ではないし、もともと中国製というと偽物が大氾濫している。しかしこの陶器の皿はいかにも古めかしく、かつ美しい。
 二〇×一五㎝で、その周りには二㎝幅のレースがついたように透かし彫りになっている。いかにも手作り、と言った塩梅に皿の表面はでこぼこ。地は薄いベージュ色、皿の周りに薄い水色と茶色で小さな唐草模様が描いてある。めずらしく一目ぼれをしてしまった。
 一枚は完品、もう一枚はひびが入っている。両方で七五〇ドルというのを五〇〇ドルに値切って、売れる自信はなかったが、それにしても五〇〇ドルも価値があるのかなー、まあ売れなくてもいいや、ともかく気に入ったんだから――時には遊び心も必要よ、と自分に弁解しながら買った。
 店主は「いい買い物だ、これは良いものだ」と何度も何度も撫でまわし、独り言を言いながら包んでくれた。
 もって帰ってわが店に並べたが、やっぱり売れないどころかだれも見向きもしない。毎朝、売れないと嬉しいような情けないような、この美に共感を持たない人ばかりだと思うと、やっぱり私の審美眼も大したことないのかと気が滅入って来る。
 三ヵ月たったころ、友人の骨董屋のM氏がわが店に来た。そしていきなりこれを手に取ると「明時代のもの? うんそうだね」そう言いながら撫でまわし、「ああ、これにひびが入ってなかったらなーアア残念だなー良い皿なのに…いくらにしてくれる?」そういいながら自分で包んで、お金を払って持って帰っていった。嬉しいような寂しいような、でも三〇〇ドル儲かった。あの頃はサンパウロ―ブエノス・アイレス往復の飛行機代が二〇〇ドルという時代だった。私のホホは充分ほころんだ。
 それから二ヵ月して、またM氏が来た。
 「あの皿、ロスアンゼルスの骨董屋に売ったよ。二四〇〇ドルで売った。そうしたらあいつ別の骨董屋に五五〇〇ドルで売ったそうな。本当だよ。きっとニューヨークの骨董屋にだと思うよ」
 「まさか!」私は絶句。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=ありあんさ通信31号=歴史から消されたアリアンサ(協同)の地、ここにあり=わが友、マサカツのこと=東京都在住 木村 快2020年9月26日 特別寄稿=ありあんさ通信31号=歴史から消されたアリアンサ(協同)の地、ここにあり=わが友、マサカツのこと=東京都在住 木村 快  2020年5月28日、ブラジル・サンパウロ州ミランドポリス市アリアンサ地区のユバ農場で暮らしていた「マサカツ」こと、矢崎正勝が天国へ旅立ったとの知らせを受けた。享年76歳。  1978年以来続けてきたぼくの〈ブラジル移民史〉調査は、ほとんどマサカツが資料を集め、助言 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13)2020年9月26日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(13) ⑤娯楽を求める心理、団体組織化  1922年にはブラジル独立百周年記念日を祝福して日本帝国海軍の練習艦が初訪問し、サントス港に海国日本の偉容を示した。長い間日本に触れたことなかった移民の中には、隊員たちの腕にしがみついて感涙するものがあったという。  翌1923年に […]
  • 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定2020年9月25日 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定  ブラジル北部アマゾナス州マナウス市で行われた調査で、同市では既に新型コロナウイルスに対する集団免疫が出来ている可能性がある事を示唆する結果が出た。  注目の調査結果は21日にオンライン上で発表されたが、専門家などによる検証を受ける必要があり、科学雑誌にはまだ掲載され […]
  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(12)2020年9月25日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(12)  もう一つの新聞は伯剌西爾時報で、これは海外興業の出資でまかなわれ、黒石清作社長は同社より移民の教育係の名を頂戴(中略)両紙とも移植民新聞ではなく、移植民支配階級の対移民御要達(編註ママ、「用達」のこと)告示であり、移民蔑視の臭気がただよった紙面であった。都会から来たも […]