ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(5)

どこから来たの=大門千夏=(5)

 私たちが住んでいる所はセ広場からタバチンゲーラ街を下って、最初の道を左に入るとシルベイラ・マルチンス通りがある。ここにある借家だった。何といっても私の好み、「町のど真ん中」にあるアパートである。セの広場に歩いて五分、リベルダーデに七分。最高に住みよい場所だ。古い建物だから天井は高く各部屋は大きくゆったりしている。私は大いに気に入ったが、夫にとっては夜やかましくて寝むれないと文句を言う。
 その頃、自家用車を持っている人はほんの一握りだった時代で、何がやかましかったのだろうか。静かなサンパウロだったのに。
 夕方遅く帰ってきた夫は胸を張って「家を買ってきた」と、まるでおもちゃを買って来たような言い方をした。
「へー何処に?」
 コンゴニヤス飛行場でバスを降り、あの辺りの売り家を探していたら急に雨が降り出した。雨宿りするところもなくて、来たバスに急いで飛び乗った。しばらくくねくねと回っていたが、雨がやんだのでバスを降りた。降りたところにバール(飲食店)があったので中に入って、家を探していると言ったら、この坂の上に五軒長屋があって、その一番右端の家がポルトガル人の家だ、あいつが売りたいと言ってた、と言われてそのポルトガル人に会ってきた…と此処まで一気にしゃべった。
 そして買うことに決めた。次の日曜日に半金持って行くという。
「エッ! もう決めた
「ルア・ミルトン」
「何処なの?」
住所は?」
「ウーン、飛行場の向こう。雨がやんで飛びおりた所だ」
 翌日の日曜日、夫は一人で又その買った家を探しに行った。帰ってくると、
「見つけてきたぞ。今度はわかった。ちゃんと行けるぞ」と大威張りで言う。
「高台にある童話に出てくるような可愛い家だ」とも言った。
「とにかくバスに乗ったら、右上空をじっと見ていたら必ず見つかる」
 わが夫は人間は高い所に住まねばならないと言う信仰心をもっている。理由は簡単、自分が育った家が「郊外の高台にある家」だったからという単純な発想。まあ「何とかと鶏は高いところがお好き」の類じゃあないかしらと、ひそかに悪口をいう。
 次の土曜日、私は赤ん坊を夫に預けて「高台にある童話に出てくるような家」を探しに行った。セの広場から飛行場行きのバスにのる。その頃コンゴニヤス空港の周りはアルファッセ(レタス)畑がずっと続いていて、家がポツンポツンとあり、その間をバスがくねくねと廻っていた。この飛行場までがなんとか文明の浸透した地で、これ以上向こうは未開の地という感覚だった。
 空港でバスを乗り換えて、ジャルジン・ミリアン行きか、シダーデ・アデマール行きに乗る。ここからは「地の果て」に行くみたいに埃っぽい土道が続いていて、窓から見える家も「中の下」「下の中」と言った感じの貧しき家ばかり。だんだん心細くなる。乗り降りする人ももう一つ…で、わびしさが一段と増してくる。
 夫から言われたように、じっと右上を注意して見ていると三〇分くらいすると、雲ひとつない真っ青い空の中に、色とりどり、派手派手に塗られた家が五軒並んでるのが見えてきた。アッ、アレだ!。急いでバスを降りると、言われたとおりすぐ目の前にバールがある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]