ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》17/18農年の穀物収穫予想は16/17農年を下回る=「気象条件が好転すれば挽回も可能」と当局

《ブラジル》17/18農年の穀物収穫予想は16/17農年を下回る=「気象条件が好転すれば挽回も可能」と当局

出荷されるブラジル産大豆(参考画像・Ivan Bueno/APPA)

出荷されるブラジル産大豆(参考画像・Ivan Bueno/APPA)

 国家配給公社(CONAB)は12日、2017/18農年の穀物収穫予測を更新したが、前回予測同様、作付面積は2016/17農年より広がるものの、生産(収穫)量は少なくなるとの見方を維持した。
 同公社は11月のはじめに、17/18農年の穀物生産量が2億2330万〜2億2750万トンになるとの予想を発表していた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ