ホーム | 日系社会ニュース | 豊田豊さん=リオの近代美術館で展示会=展示作品69点、新作も

豊田豊さん=リオの近代美術館で展示会=展示作品69点、新作も

会場の様子

会場の様子

 日本人環境芸術家の豊田豊さんによる個展『豊田豊―O Ritmo do Espaco』が、リオの近代美術館(MAM、Av. Infante Dom Henrique, 85, Rio de Janeiro)で開催されている。来年2月18日まで。
 豊田さんがリオの美術館で展示会を行うのは3回目。回顧録として企画された本個展では豊田さんの作品69点が展示されている。また、展示会のために新作「エスパッソ・ヴィブラソン」も制作したそうだ。
 環境芸術家として空間を表現する豊田さんは「自分達が生きている空間の中になにがあるかをテーマにした。それぞれの空間の中に違う波があり、私達はその波の違いの中に生きている」と語った。
 豊田さんは東京芸術大学工学科を卒業。静岡県立工業試験場に務めた後伯国に移住。イタリアで空間美術作品の制作をはじめ、サンパウロやサルバドールのビエンナーレほか、受賞多数。
 開館時間は火~土が正午~午後6時、日曜・祝日が午前11時~午後6時まで。入場料は14レ。問合せは同美術館(21・3883・5611)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ