fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | ロナウジーニョは政界に進出するのか?

ロナウジーニョは政界に進出するのか?

ロナウジーニョ(Bruno Cantini/Clube Atlético Mineiro)

ロナウジーニョ(Bruno Cantini/Clube Atlético Mineiro)

 ブラジルが誇ったサッカー界の英雄のひとり、ロナウジーニョがついに正式に現役引退を発表した▼もう2年以上も実戦での姿を見ていなかったことから、アナウンスがなくても引退しているものと想っていた人がブラジルでは多かった。それでも02年のセレソンのW杯世界一の立役者のひとりであり、メッシの前の時代のバルセロナのスーパースターで、「世界一プレイヤー」の称号まで得たほどの人物だ。反響はかなり大きい▼ただ、コラム子が気になることがある。それは「なぜ、今のこのタイミングで現役引退発表なのか?」ということだ。別にそのまま「事実上引退」で済ますこともできたと思うのに、なぜ今あえて現役引退を発表したのかが気になるのだ▼実はロナウジーニョに関しては昨年末、気になるニュースを耳にしていた。彼が、この10月に行なわれる統一選挙で、ミナス・ジェライス州の上院議員か下院議員に出馬する、という話だ。正直なところ、彼が政治家を目指すようなタイプだとは思っていなかったので、驚きは大きかった▼そのときの報道で耳にしたのは、ロナウジーニョを選挙に誘っているのが、保守系右翼政党の全国環境党(PMN)。その当時、話題の極右大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏の政党となり、「愛国党」に改名予定だったところだ▼これに関しては非常に謎が大きかった。なぜ、ブラジルでの登録名どおり「ロナウジーニョ・ガウーショ」と南大河州出身者(ガウーショ)という名前を持つ彼が、いくら現役の晩年にアトレチコ・ミネイロを南米一に導く活躍をしたからといって、なぜミナス・ジェライス州なのか。プラス、黒人で多少なりとも人種差別も経験したはずなのに、なぜ極右政党なのか。それがわからなかったからだ▼ただ、その後、PMNとボルソナロ氏の関係が決裂。これでPMNの今後の勢いや知名度アップがあるとも思えず、同党からのロナウジーニョ擁立は正直微妙に映る。果たして、それでも政界進出はあるのだろうか▼ブラジルで政界進出といえば、94年W杯でブラジルを優勝に導いたエース・ストライカー、ロマーリオの例がある。彼は11年にリオ選出下議、15年には同じく上議に当選。この10月にはリオ州知事選への出馬も有力視されるなど、これまでの政治史上で最も成功した元サッカー選手になりつつあり、後続に道を切り開いている最中だ▼そこをロナウジーニョが続けられるか・・となると、コラム子にはいささか疑問だ。政治知識の有無以前に、彼の現役晩年の素行ゆえに心配になるのだ。ロナウジーニョはバルセロナを退団して以降、どこか糸の切れたタコのような状態になり、移籍を数々繰り返した。前述のようにアトレチコ・ミネイロの在籍時のみ往事の輝きが戻ったが、それも長続きしなかった。その後も移籍した先では「練習に参加しない」ことなどが問題となり、最後のフルミネンセも放り投げるようにして中途半端に終わっていた。そんな人物で果たして政界がつとまるのか▼サッカー選手として大きな栄光を味わった人物が、引退後に同じように別の道で成功する例はどんな大物選手でも稀だ。その意味でロナウジーニョのその後も気になるのだが、果たして? (陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカー=ネイマールとブルーナが破局=理由は大統領選極右候補か?2018年10月22日 サッカー=ネイマールとブルーナが破局=理由は大統領選極右候補か?  人気女優のブルーナ・マルケジーナが18日、長年の恋人でもあるネイマール(26)との恋愛関係を終えたと発表した。  ブルーナはサンパウロで行われたイベントで、ネイマールとの交際の終りを発表した。  ブルーナは「この件に関してはあまり長引かせたくはありません。私と彼( […]
  • ロナウジーニョが政界進出? 名乗り出たのは極右政党2017年11月27日 ロナウジーニョが政界進出? 名乗り出たのは極右政党  2002年のブラジルのW杯優勝に貢献し、世界最優秀選手にも輝いた名選手ロナウジーニョ・ガウッショ(37)に、政界進出の噂が浮上しはじめた。  ロナウジーニョに声をかけているのは「全国エコロジー党(PEN)」という少数政党だが、この政党は現在、大統領選の世論調査で支持率2位の […]
  • 東西南北2020年6月17日 東西南北  サンパウロ州地域医療委員会(Cremesp)が同州検察局に報告したところによると、現在、新型コロナウイルス専門施設として使用している北部のアニェンビ臨時病院には、人工呼吸器のような器具が不足し、衛生基準を満たさないインフラ上の不備があるという。同病院は今月4日に5人のサンパウ […]
  • 《ブラジル》「いつの世も拷問ある」=レジーナ文化局長が軍政称賛2020年5月9日 《ブラジル》「いつの世も拷問ある」=レジーナ文化局長が軍政称賛  レジーナ・ドゥアルテ連邦政府文化特別局長が7日、テレビのインタビューで軍政賛歌を歌った上、「拷問なんていつでも起きている」と発言し、騒動となった。7、8日付現地紙サイトが報じている。  レジーナ氏は7日、CNNブラジル局の番組に生出演した。  番組はレジーナ氏の文化局長続 […]
  • 《ブラジル》カタールとの間はビザ不要に=昨年の合意が発効となり2020年1月18日 《ブラジル》カタールとの間はビザ不要に=昨年の合意が発効となり  14日付ブラジル連邦官報によると、昨年10月にボルソナロ大統領が中東のカタールを訪問した時にサインした、ブラジルとカタールの間のビザを免除するとの合意が発効となった。  両国市民はこれによって、観光、乗り継ぎ、商用のいずれの場合でも、最初に入国した日から12カ月以内 […]