ホーム | ブラジル国内ニュース | ペルナンブッコ州レシフェ=TV局のヘリが墜落=乗組員2人死亡、1人重体

ペルナンブッコ州レシフェ=TV局のヘリが墜落=乗組員2人死亡、1人重体

 23日午前、ブラジル大手TV局、グローボの傘下の航空会社「グローボコップ」のヘリコプターがペルナンブッコ州レシフェ市で墜落し、乗組員のうち2人が死亡する事故が起きた。23日付現地サイトが報じている。
 事故が起きたのは23日午前6時15分頃で、グローボコップのヘリコプターが、レシフェ南部の海岸、プライア・ド・ピナで墜落した。
 この飛行機には3人が乗っていたが、そのうちの2人、操縦士ダニエル・ガルヴォン氏(36)と、空軍第1軍曹のリア・マリア・アブレウ・デ・ソウザ氏(34)の2人が死亡した。
 この2人はグローボ局に15年にわたってサービスを提供する下請け会社「エリサエ」に勤務していた。
 ガルヴォン氏は墜落後に即死、ソウザ氏は病院に運ばれたが息絶えた。
 同機にはもう一人オペレーターとしてミゲル・ブレンド・ポンテス・シモンエス氏(21)も同乗しており、病院で手術を受けた。入院先のミゲル・アルカンジョー病院の話によると、複数個所を骨折、大量出血もしており、きわめて危険な状態だという。
 現在、墜落の原因についての調査が進められている。航空インフラ公社の発表によると、このヘリコプターは午前5時50分にレシフェ国際空港を飛び立ち、グローボ局地元ニュース番組「ボンジア・ペルナンブッコ」のオープニング映像を放映し終えた直後だった。
 この飛行時間中、同地ではかなり強い雨が降っていた。操縦士はコントロールを失いつつも、人家が立ち並ぶ海岸を避け、あえて海に落ちるように機体を向けた模様と報道されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オガタ・ペドロさんがPJB賞=ブラジルで注目浴びる大型新人歌手=グローボ局番組でも活躍2020年10月17日 オガタ・ペドロさんがPJB賞=ブラジルで注目浴びる大型新人歌手=グローボ局番組でも活躍  今年で19回目となるプレミオ・ジョーヴェン・ブラジレイラ(PJB、Prêmio Jovem […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》セシル・チレーが死去=グローボ局ドラマの常連俳優2020年10月10日 《ブラジル》セシル・チレーが死去=グローボ局ドラマの常連俳優  ベテラン俳優のセシル・チレーが9日、以前から患っていたパーキンソン病のため、リオ市南部の自宅で亡くなった。77歳だった。9日付現地紙サイトが報じている。  チレーは1943年、リオで画家の父親と女優の母親の間に生まれた。こうした芸術的な家庭環境のため、幼少時から舞台に立って […]
  • 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も2020年10月9日 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も  選挙運動中の市長・市議選で、ボルソナロ大統領が違反額となる献金や、かつて幽霊職員と報じられた人物の応援をするなどの行為を行っていると、8日付現地紙、サイトなどが報じている。  大統領はまず、リオ市の市会議員選で再選を目指す次男カルロス氏に対し、1万レアルの献金を現金 […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]