ホーム | 日系社会ニュース | 相撲連盟、年初の理事会=全伯大会は7月14、15日

相撲連盟、年初の理事会=全伯大会は7月14、15日

 ブラジル相撲連盟(籠原功会長)は今年初めての理事会を14日にサンパウロ市ボン・レチーロ区の同連盟本部道場で行った。今年開催予定の12大会の日程が決まった。
 大会はサンパウロ市、オザスコ市、スザノ市などサンパウロ州各地で行なわれる。最大規模の全伯大会は7月14、15日に開催され、この大会で来年の世界大会出場選手が決まる。
 今年の世界大会は7月21、22日に台湾・台北市で開催される。大瀧多喜夫理事は「出場選手は世界大会に向けて練習に励んでいる」といい、「年間の行事が決まったので、今年も気を新たにふんどしを締め直す気持ちで張り切って行く」と話した。
 世界大会出場選手は左記の通り。
▼男子準青年の部(18歳まで)【軽量級】ガブリエル・ボナルヂ、【中量級】ユウキ・サトウ、【重量級】ジョアン・パウロ・ヴィラルバ、ペドロ・ヴィラルバ、【無差別級】ペドロ・ヴィラルバ▼男子青年の部(19歳以上)【軽量級】クレイドソン・ヴィアナ、テツシ・ナカヤ、【中量級】チアゴ・シアヴァレラ、ジョアン・ヴィトール・ダンタス、【重量級】ルイ・アパレシード・デ・サ、【無差別級】アディエクソン・グロッス、ユウゾウ・サト▼女子準青年の部【軽量級】マリア・エドゥアラーダ・クルス、ギウリア・ミゲル・フランサ、【中量級】レチシア・クレメンチ、【重量級】ミレナ・カロリーナ・デ・ア・マリアーノ、【無差別級】グイウリア・ミゲル▼女子青年の部【中量級】ヴァレリア・ドリーオ、ダニエラ・ファティマ・オリヴェイラ、【重量級】マヤラ・ペレイラ・セバスチャン

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意2020年9月19日 《ブラジル》最高裁が大統領の連警供述を延期=4月の連警人事干渉疑惑で=問われる「家族や友人を守るため」の真意  最高裁のマルコ・アウレーリオ・メロ判事は17日、ボルソナロ大統領が最高裁から命じられていた、「連邦警察への介入疑惑」に関する供述の期限を、大法廷での審理後に延期し、審理までは捜査も差し止めさせる命令を出した。これは、大統領がどのような形で供述を行うかを最高裁内部で審理 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(6)2020年9月17日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(6)  前山隆によれば、ハワイで星名が関わった『日本週報』は「謄写版刷り、雑誌体で、表紙に英文紙名と日本字紙名が併記され、椰子の樹、ダイヤモンドヘッドらしき山、サトウキビの畑の挿絵が刷られている。『南米』の体裁と印刷法はすべてこれを踏襲している」とある。  『日本週報』の発 […]