ホーム | 日系社会ニュース | 移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える

移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える

来社した桂川笠戸丸表彰小委員長(左)と菊地祭典実行委員長

来社した桂川笠戸丸表彰小委員長(左)と菊地祭典実行委員長

 ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)は「笠戸丸表彰」の表彰式を、24日午後2時から文協大講堂で開催する。節目の年を記念して、日系社会の発展や日伯両国の関係強化において顕著な貢献をした110の個人と団体を称える。

 全伯から187の推薦を受け、70歳以上で20年間以上に渡って活動した個人(故人も含む)・団体の中から選出した。すでに叙勲や10年前の笠戸丸表彰を受けている人、亡くなってから20年以上経っている人は省いた。個人89人(内、故人11人)、団体21個。
 表彰式では特製の顕彰メダルが授与される。表面に笠戸丸が描かれ、裏面に表彰者の名前が刻まれている。案内のために来社した菊地義治祭典実行委員長と桂川富男笠戸丸表彰小委員長は「表彰者の方はぜひご家族と一緒に来て下さい」と呼びかけた。
 式典の後はカクテルパーティーが開催される。表彰者は無料、その他一般客は80レアル。出欠のは今月24日まで(電話=11・3208・5519、メール=110anos@bunkyo.org.br)にまで連絡すること。(※同委員会発表のアルファベット氏名のうち、分かるものだけ編集部で漢字に変えた)。

■個人表彰
<1>アデマール・イワオ・ミズモト、<2>北川彰久、<3>内海アメリコ、<4>アンジェラ・タミコ・サトウ・タハラ、<5>アナ・マリア・C・マンテガッツァ、<6>アラタ・アサミ、<7>吉井篤(あつし)、<8>宮城調智(ちょうち)、<9>デオダート・ギマランエス・サントス、<10>黒川瑛輝(えいき)、<11>小川英輔(えいすけ)、<12>西尾文子(ふみこ)、<13>牧半治(はんじ)、<14>建部春子、<15>那須野英男、<16>加藤英世、<17>ヒロマサ・ナカハラ、<18>紫牟田寛(しむた・ひろし)、<19>小野寺郁子、<20>イッサク・ヤスオ・ミヤオカ、<21>木下ジョルジ、<22>大塚ジョルジ、<23>戸田勝彦、<24>宮坂数子(かずこ)、<25>上原啓三、<26>ケンジ・オノ、<27>生駒憲二郎、<28>キヨミ・オオタ・デ・オリヴェイラ、<29>原田清、<30>島崎清、<31>白浜清俊、<32>田中公道、<33>ラザロ・デ・メロ・ブランドン、<34>ルイス・ナガオ、<35>豊田瑠美、<36>マサコ・タカハラ・イマニシ、<37>白旗信、<38>池田マリオ・キヨタカ、<39>二宮正人、<40>紫門明子(しもんめいこ)、<41>曽我部ミチハル、<42>ミエコ・ウケゼキ・コニシ、<43>池田美保子、<44>ミチコ・オカザキ・ケディー、<45>松原ミユコ、<46>知念直義(なおよし)、<47>ノブコ・ウメダ・ノムラ、<48>山口ノリヨシ、<49>山下治、<50>オズワルド・カズミ・タカタ、<51>平井パウロ、<52>石川レナート、<53>中矢ケンジ・ヘナート、<54>ロベルト・ロドリゲス、<55>栢野(かやの)定雄、<56>佐々木悟、<57>橋本敏(さとし)、<58>サトシ・サイトウ、<59>宮城滋(しげる)、<60>松田四郎、<61>ショウジ・コリン、<62>シュウコ・イハ、<63>小野忠義(ただよし)、<64>花田忠義、<65>川崎タカコ、<66>タカシ・カキヒラ、<67>上原武夫、<68>益田照夫、<69>河村徳子(とくこ)、<70>トモコ・タケダ、<71>纐纈俊夫、<72>梅崎嘉明、<73>相田祐弘、<74>馬場康二、<75> 島袋安雄、<76>岸川吉朗(よしあき)、<77>和田ヨシジ、<78>安永祐動

■個人表彰(故人)
<79>佐々木ブイチ、<80>谷広海、<81>松本一成(いっせい)、<82>ジョゼ・テルマロ・オシアイ、<83>カネマツ・ムネマサ、<84>ケンジ・アリカワ、<85>中山喜代治、<86>キヨシ・ミナミ、<87>原田稔、<88>岩船貢、<89>佐倉輝彦

■団体表彰
<90>Agro Comercial Hiragami Ltda.
<91>Associacao AOTS do Brasil
<92>ボツカツ日本文化協会(Associacao Botucatuense de Cultura Japonesa)
<93>ブラジル琉球舞踊協会(Associacao Brasileira de Ryukyu Buyo)
<94>モジ文化体育協会(Associacao Centro Cultural Esportiva de Mogi das Cruzes)
<95>Associacao Cultural e Agricola Kiyowa
<96>ヴァルゼン・グランデ・パウリスタ文化体育協会(Associacao Cultural e Esportiva de Vargem Grande Paulista)
<97>バストス文化体育日系協会(Associacao Cultural Esportiva Nikkey de Bastos ? ACENBA)
<98>ペナポリス日伯文化協会(Associacao Cultural Nipo-Brasileira de Penapolis)
<99>レジストロ文化日伯協会(Associacao Cultural Nipo-Brasileira de Registro)
<100>サルバドール日伯文化協会(Associacao Cultural Nippo Brasileira de Salvador ? ANISA)
<101>ブラジル生け花協会(Associacao de Ikebana do Brasil)
<102>華道家元池坊華道南米支部(Associacao de Ikebana Kado Ikenobo Tatibana da America Latina)
<103>コレジオ・ブラジリア教育協会(Associacao Educacional Brasilia de Sao Paulo)
<104>ビラ・カロン沖縄県人会支部(Associacao Okinawa de Vila Carrao)
<105>コペルコチア・アトレチコ・クラブ(Coopercotia Atletico Clube)
<106>コレジオ・エザッタス(Exatus Colegio e Vestibulares)
<107>ノロエステ連合日伯文化協会(Federacao das Associacoes Culturais Nipo-Brasileiras da Noroeste)
<108>山本勝造財団(Fundacao Katsuzo Yamamoto)
<109>西村俊治技術財団(Fundacao Shunji Nishimura de Tecnologia)
<110>ブラジル力行会(Rikkokai do Brasil)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 2009年6月18日 百周年赤ちゃんと百歳の移民の日=日系社会の礎と将来  昨年、全伯で盛り上がった日本移民百周年――、あれから一年が経った。百一周年目の今年は今後を占う意味でも重要な年だ。そこで、日系社会の新旧の両端ともいえる二つの物語を紹介する。一つ目は、今年百歳の仲間入りをする安里翁の足跡を辿り、もう一つは、ちょうど百周年の移民の日とその前 […]
  • 沖縄移民110周年=国内外から700人、式典盛大に=島袋会長「心の遺産の継承を」=国境越え絆深めるウチナーンチュ2018年8月8日 沖縄移民110周年=国内外から700人、式典盛大に=島袋会長「心の遺産の継承を」=国境越え絆深めるウチナーンチュ  【既報関連】3日間に渡って盛大に催されたブラジル沖縄県人移民110周年記念行事の最終日の5日、式典がジアデマ市のブラジル沖縄文化センターで行われた。母県や国外からの慶祝団をあわせて約700人が出席。沖縄県人325人を乗せた笠戸丸移民から110年の県系人社会の歩みに思い […]
  • 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列2018年6月20日 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列  最初の移民船「笠戸丸」がサントスに着港してから110年――6月18日の「移民の日」の前日の17日、「開拓先亡者追悼法要」がイビラプエラ公園及び文協大講堂で行われた。ともに例年を遥かに上回る参列者が出席。特に文協大講堂の法要は節目に相応しく〃異例〃の1千人近くが参列、次 […]