ホーム | ブラジル国内ニュース | ルーラ被告=「どうしたら逮捕を免れるか?」=地域裁の判事は2審終了での執行を支持=急がれる最高裁での判断

ルーラ被告=「どうしたら逮捕を免れるか?」=地域裁の判事は2審終了での執行を支持=急がれる最高裁での判断

23日のルーラ氏とジウマ前大統領(Ricardo Stuckert)

23日のルーラ氏とジウマ前大統領(Ricardo Stuckert)

 24日のルーラ元大統領の第2審有罪判決を受け、刑の執行をどの時期にするのかの判断を最高裁が求められていると、25、26日付現地紙が報じている。
 16年10月に最高裁は、刑執行時期の問題の審理で「2審目で有罪判決が出た時点から」という判断を下していた。それに素直に従うなら、ルーラ氏は今判決を受けて刑執行(逮捕)がなされることになる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ