ホーム | 日系社会ニュース | 人文研=来月2日に出版記念会=シンポジウム報告書2冊を刊行

人文研=来月2日に出版記念会=シンポジウム報告書2冊を刊行

本山理事長

本山理事長

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)は、出版記念会を来月2日午後6時から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)で行う。今月26日に人文研で開かれた記者会見で、本山理事長は08年のブラジル日本移民100周年を記念しラテン・アメリカ記念講堂で開催されたシンポジウムの報告書「A presenca na America Latina」と、日伯修好通商航海条約締結120周年の際のセミナー報告書「Intercambio Brasil-Japao em perspectiva」の2冊を紹介した。
 日本移民100周年のときに行われたシンポジウムには伯、ペルー、パラグアイ、亜、メキシコ、チリの6カ国から移民研究者が参加し、各国の日系社会の現状について報告した。
 本山理事長は同シンポジウムの内容が纏められた報告書について「ラ米日系人がどのように生きているか、さらに現在の日系社会を知ることができる」と評価。出版にあたっては、宮坂国人財団から6万レの援助金を得たという。
 また、日伯修好通商航海条約締結120周年の際、日本総領事館と聖州工業連盟(Fiesp)の協力で行われたセミナー「日伯交流の展望」では日伯間の相互援助の可能性について話し合い、日伯の懸け橋となる日系社会の役割を究明した。日本学術振興会の二宮正人氏、Fiespの先進研究高等諮問会のルイ・マルチンス・アルテンフェルデル・シウヴァ会長らが出席した。
 同シンポジウムの報告書出版には総領事館を通じ、日本政府から1万5千レもの援助があった。
 出版記念会では野口泰在聖総領事、本山理事長、サンパウロ大学元学長のアドルフォ・メルフィ氏による講演も行われる。入場無料、ポ語のみ。発行部数は千冊。
 本山理事長は「両シンポジウムの内容はとても興味深い。出版され多くの人に読まれるのをずっと待っていた。当日はポ語での進行になるが、是非来場して欲しい」と呼びかけた。
 問合せは人文研(11・3277・8616)まで。

□関連コラム□大耳小耳

 人文研の出版記念会では、本山理事長が報告書の出版までの経緯を紹介し、野口在聖総領事は日本が日系社会をどのように見ているかを語り、メルフィ元USP学長は学術的な視点から移民政策について講演するという。なかなか興味深そうな講演内容だ。ちなみに出版される本は無料配布されるという。午後6時からなので仕事がある人でも参加できそう。興味のある方は立ち寄ってみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=聖市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=聖市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、聖市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設けた。それ […]
  • 堅実性と組織力誇る=きめ細やかな組織や活動=様々な施設、多彩な出版物2016年4月22日 堅実性と組織力誇る=きめ細やかな組織や活動=様々な施設、多彩な出版物  世界とブラジルの生長の家の発展をそれぞれけん引する日本の生長の家国際本部「森の中のオフィス」と、サンパウロ市南部の生長の家ブラジル伝道本部。それ以外にも、生長の家は全伯に拠点をもち、現在は86のポ語の教化支部、33の日本語の教化支部が存在する。 「教化支部」は、その地域におけ […]
  • ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?2017年2月7日 ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?  「ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったらどうなるか?」というのは夢のような話だが、トランプ就任が時代の変わり目であることを考えれば、再考してもいいのではないか。トランプがTPP離脱を宣言したことで新しい動きが生まれている。ブラジルとアルゼンチンが1月31日、「日本、カ […]
  • 太平洋同盟へ秋波を送るパラグァイ=坂本邦雄2015年7月22日 太平洋同盟へ秋波を送るパラグァイ=坂本邦雄  今月の2~3日にペルーのパラカス市で開催された第10回太平洋同盟首脳会議に、オブザーバー国のパラグァイを代表して出席したリゴベルト・ガウト外務経済次官補は、会議の席上、南米南部共同市場・メルコスールの太平洋同盟(ALIANZA DEL […]
  • 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会2016年1月15日 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する「汎米日本語教師合同研修会」が18日から開始された。今年は伯国、亜国、ペルー、ボリビア、パラグアイ、チリの6カ国から18人の教師が集まり、2週間の濃密な研修を行っている。初日には来賓が集まる中、開校式が催された。 板垣理事長は […]