ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル政府》ベネズエラとの国境閉鎖を検討=「もう限界」と地元議員

《ブラジル政府》ベネズエラとの国境閉鎖を検討=「もう限界」と地元議員

昨年10月にテメル大統領(左)と会談した、スエリー・カンポス、ロライマ州知事(右)(Alan Santos/PR)

昨年10月にテメル大統領(左)と会談した、スエリー・カンポス、ロライマ州知事(右)(Alan Santos/PR)

 ベネズエラと国境を接するブラジル北部ロライマ州都ボア・ヴィスタ市には、隣国のマドゥーロ政権による圧政から逃れてきた難民があふれている。そんな中、ブラジル政府はベネズエラ国民の入国制限の検討を始めたと、1日付現地紙が報じた。
 同件は1月31日に開かれた、大統領府安全保障室、官房庁、防衛省、法務省、保健省、外務省の代表者会議で議題になった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ