ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(40)

どこから来たの=大門千夏=(40)

第四章 白い霧の夜

誕生日

 「行こう行こう、どこでもいいから高ぁーいレストランに行こう」と、電話の向こうに湿った桃子の声。ハハーン夫婦喧嘩をしたな、と私はさっする。
 サンパウロにある一番高いレストランに二人で出かける。体は小さいくせに桃子は食欲旺盛。
 「要するに私達夫婦は相性が悪いのよ。あの人医者だから、患者の前だけ愛想がいいの」と言いながらモリモリと食べる。そしてデザートを食べ終える頃には、うるんだ目もすっかり乾き、ご主人のどんなイヤな言葉も態度も許してしまえるほど寛容なる精神が出来上がるらしい。
 家に着くころには広い心と、散財してチクチク後悔と言う反省心が生じ、後はご夫婦円満。高ぁーいレストランには不思議な魔力があるものだ。こんなことが三?四年続いた。そのうち馬鹿らしくなって、レストラン行きは卒業。
 「行こう行こう。どこでもいいから、どっかに行こう」と相変わらず電話がかかってくる。二人でバスに乗って、どこでもいい、近郊の町に行く。着くとその辺を一回りして、又バスで戻ってくる。
 専業主婦の桃子にとっては、こんなことをするだけでも、うっぷんは消え去り、心身爽快。しばらくは家事に精が出る。二人とも気に入ってしょっちゅう出かけた。その内これにも飽きが来た。
 何処かもっと遠くに行こう、三日くらいの旅をしよう。夫は近々会議で出張するから丁度いいのよと桃子は言う。ミナス州のオーロプレットの町に行こう。
 しかし、家族の手前、何か理由がいる。そうだ丁度あんたの誕生日だから、そのお祝い旅行だと言うわ、と桃子は興奮して言い、小さな目、小さな鼻、ちいさな口、何もかも小作りの上に、おかっぱの髪型をしている桃子は、子供のようにあどけない顔で、いたずらそうにニタリと笑い、話はとんとん拍子に決まった。
 旅行先で迎える誕生日なんて、わが人生で初めてだ。単なる方便ではあっても、心の中にふわふわとピンク色の雲が湧く。キャンドルに火がともり二人のクリスタルのコップがチーンと鳴る。いつか見た幸せの映像だ。おめでとうと桃子が言ってくれる。想像するだけで胸が熱くなってくるではないか。やはり持つべきは古き友、四〇年来の友なのだ。
 オーロプレット、懐かしい響き。一七世紀、金鉱発見によるゴールドラッシュで、もっとも繁栄した古都。朝もやの中に教会の屋根が幾つも見える町、石畳の町、あそこは文化遺産に指定されたのだから、何もかも昔のままに違いない。思いを巡らし、遠い記憶を取りだす。
 あの時は夫も居た、子供達も居た。わずかこの一〇年の間に環境はすっかり変わり、夫は亡くなり子供達は結婚し、今、私は一人。夫のいる桃子が羨ましく、でも時には気の毒にもなる。やっぱり一人がいいのかなと考えたりする。
 夜八時、バスターミナルに桃子が現れた。安眠枕、マッサージ機、あんま機、いろんな七つ道具までもって、大きな荷物を二つ、ヒキズルようにしてやってきた。
 寝る前に一応全部やっておくと明日の朝気分がすっきりするの、と桃子はいい、バスが発車しない前からスイッチを入れて、ゴロゴロと音をたてて体中のマッサージをし、バスが出発しても続けていたが、すぐ寝息を立てて寝てしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》4カ月で2度もコロナに感染=異なるウイルスかを確認中2020年10月24日 《ブラジル》4カ月で2度もコロナに感染=異なるウイルスかを確認中  リオ州保健局が、5月と9月にコロナ感染症の検査で陽性反応を示した男性について、異なった型のウイルスによる「再感染」かを調べている事を明らかにした。  わずか4カ月間で2度も陽性と判定されたのは、リオ州メスキッタ市に住むカルロス・アルベルト・カルヴァーリョ氏(60)だ […]
  • 《ブラジル》市長選世論調査=サンパウロ市でルッソマノ急落=コーヴァスが抜いて首位に=リオでは2位争い激化2020年10月24日 《ブラジル》市長選世論調査=サンパウロ市でルッソマノ急落=コーヴァスが抜いて首位に=リオでは2位争い激化  22日、全国市長選の主要都市での世論調査の結果が発表された。サンパウロ市では支持率1位だったセルソ・ルッソマノ氏(共和者・RP)の支持率が急落し、現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)に抜かれた。リオでは2位のマルセロ・クリヴェラ市長(RP)に2人の候補 […]
  • 《ブラジル》工業界の資材調達に支障=景気や雇用の回復に黄信号=負の連鎖ならインフレの恐れも2020年10月24日 《ブラジル》工業界の資材調達に支障=景気や雇用の回復に黄信号=負の連鎖ならインフレの恐れも  全国工業連合(CNC)やサンパウロ州工業連盟(Fiesp)の調査で、工業界では多くの企業が原材料の調達に困難を覚えており、価格も上昇している事がわかったと23日付現地紙、サイトが報じた。この事は、今後の景気や雇用の回復への黄信号で、物価上昇につながる可能性もある。 […]
  • サンパウロ州知事=「国内薬品の84%はすでに中国製」=大統領のワクチン拒絶皮肉る2020年10月24日 サンパウロ州知事=「国内薬品の84%はすでに中国製」=大統領のワクチン拒絶皮肉る  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は23日、ボルソナロ大統領がコロナウイルスの中国製ワクチンの購入をキャンセルしたことに関して、「国内のほとんどの薬はすでに中国製」と言って皮肉り、反論した。23日付現地紙が報じている。  大統領は21日に、20日に開催された州知事た […]
  • 東西南北2020年10月24日 東西南北  23日、ブラジルのメディアはどこも、「サッカーの王様」ペレ一色だった。それは、この日がちょうど、節目となる80歳の誕生日だったためだ。そのため、ブラジルの新聞やサイトは写真で彼の選手時代の栄光の瞬間を振り返ったり、彼のゆかりの地を紹介したり、現在の名選手との比較をしたりなど、 […]