ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(88)

どこから来たの=大門千夏=(88)

 「エッ」吉田君はやっと真面目な顔になってきた。
 「日本人学校は月謝が高いから近所のお坊さんに習ったといったけど、五〇〇ドルのルビーを買ってくれる親がいてどうして高いの? それにお坊様に習ったくらいでは、あれだけ日本語が流暢に話せるようにはならないわ、よーく考えてごらん。何もかもおかしいと思わない? あの封筒の中――あの中は本当に大学入学願書だけかしら?」
 「それ、どういうことですか?」彼はだんだんと真剣な顔になってきた。
 「あの封筒の中に入っているのは願書だけではないと思うけど…」そこまで言うと吉田君はびっくりして真剣になって私の顔をじっと見つめて、それから信じられないという顔をして、「あんなにかわいい顔をした娘が…まさか!」と首を振った。しばらく間をおいてから、「言われてみるとおかしいです。色んなことがおかしい。…そうだ、本当にそうだ。…あの封筒の中に入っていたものは…」吉田君は大きく眼を開いて眉間にしわを寄せて絶句した。
 ミャンマーから毎年少しずつ増えて今では年間一〇〇人以上の留学生が日本に勉強に来ているという。しかし国に帰ったら全く仕事がないと嘆いている。
 私たちが雇ったサイカーの運転手は三〇歳そこそこの男で、賢そうな澄んだ目をしていた。
 「僕も、家内も高校を卒業しました。でも二人とも仕事がないのです。ずいぶんあちこちの会社に願書も出したし、歩きまわって雇ってくれるところを探しましたが、何処にもないんです。僕だけではありません。高校時代のクラスメートほとんどだれも就職していません。この国には仕事がないのです。外国に働きに行きたいけど出ることもできないのです。パスポートを出してくれません。もちろんお金もないし…この国の政治が悪いんです」
 どこの町に行っても似たり寄ったり、若い人たちがみんな仕事がないとこぼしていた。
 せっかくの頭脳もこの国では「無用の長物」としか扱われていないみたいだ。親が政府のエライ役人であるとか、上級軍人であるとか、強いコネがないと仕事にはありつけないのが現状だといった。布地を買いに行ったら、機械織は手織りよりはるかに高い。包装紙は工場で作られたものは手すきの紙よりはるかに高い。だから何を買っても手すきの紙で包んでくれる。そんなわけで工場は少なく、商品の需要は少なく、働き口はない訳だ。
 あの娘もきっと夢や希望を胸に抱いて留学から帰ってきたに違いない。日本人との交流を通して、日本語を覚え、日本の文化に触れ、日本とミャンマーの良き架け橋に、良き理解者になるはずが、帰ってきても仕事が見つからなかったのではないだろうか。
 あの美しさと利発さ、優しい笑顔、完璧な日本語。
 私の意地悪い想像が間違っているようにと、ねがっている。         (二〇〇八年)


 もう一度会いたい人(イタリア)

 長靴型をしたイタリア、その丁度ふくらはぎに当たる所にアンコーラという港町がある。アドリア海に面した小さな町で、ここからクロアチアに行く船が出ている。イタリアの暑さに音をあげた私たちは早朝船着き場に向かった。
 反対側から「行商の中国人」と言った感じの小柄な女性が一人こちらに向かって来る。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]