ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》サンパウロ総合大学病院=シャム双生児の分離手術開始=完全分離は4回目の施術で

《ブラジル》サンパウロ総合大学病院=シャム双生児の分離手術開始=完全分離は4回目の施術で

 2016年にブラジル北東部セアラー州で生まれた、体の一部が繋がった状態の双子(シャム双生児)の女の子の切断手術の第1段階が、17日にサンパウロ州リベイロン・プレット市で行われ、無事成功と、18日付現地各紙が報じた。
 同市にある、サンパウロ総合大学(USP)大学病院の神経外科医、エリオ・ルーベンス・マシャド医師の指揮の下、手術は行われた。1歳6カ月のマリア・イザベッレちゃんとマリア・イザドラちゃんは頭が繋がった状態で生まれ、この日は血管や脳分離に向けた手術が行われた。二人の容態は安定しているが、完全に体を分離するには後3回の手術が必要だ。
 2人の母親のデボラ・サントスさん(27)は、「『手術は全て計画通りに進んだ』と先生は言ってくれた」と語っている。
 双子の新生児の頭が繋がった状態で生まれてくる可能性は100万回に0・6回だ。ブラジルでこの種の手術は過去に1回しか例がない。その時は片方の小児は小頭症で、命を取り留める事が出来なかった。
 ブラジル医師団は手術に当たり、国際的権威である、ジェームズ・グッドリッチ医師の助力を仰いだ。同医師は米国ニューヨークのモンテフィオーレ・メディカルセンターに勤めており、同種の手術を20件手がけた経験がある。
 第2段階は、2人の回復を待ってから、4カ月後に行われ、さらにその1年後に第3段階が行われる。「第1~3段階までは、身体を分離するまでの準備段階」と、セアラー州での経過観察責任者にして、リベイロン・プレット市への移送を決定したエドゥアルド・ジュカー医師は語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]