ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》社会保障制度改革はお蔵入り=州政に連邦政府介入中は憲法改正不可=急遽発表の経済政策も既存政策の焼き直し

《ブラジル》社会保障制度改革はお蔵入り=州政に連邦政府介入中は憲法改正不可=急遽発表の経済政策も既存政策の焼き直し

15の優先政策発表には多くの閣僚が顔をそろえた(Fábio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

15の優先政策発表には多くの閣僚が顔をそろえた(Fábio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

 【既報関連】ブラジル連邦政府は19日、政権の最優先課題として、一昨年末より取り組んできた社会保障制度改革を断念し、即座に15項目の優先経済政策集を発表したと、20日付現地各紙が報じた。
 社会保障制度改革の断念は、16日にリオ州治安部門の直接統治令(IF)が出された事による。IFが出されているうちは、いかなる憲法改正手続きも行えない。社会保障制度改革は憲法改正案だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ