ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》スラム街でも一斉接種=マレー区のファヴェーラで

《リオ市》スラム街でも一斉接種=マレー区のファヴェーラで

ワクチン接種を受ける人(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 リオ市市役所とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)による新型コロナワクチンの実験的接種が続いており、29日からはリオ市内でも最大のマレー区の複合ファヴェーラ(スラム街)での一斉接種が始まったと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 法改正で家庭形態変化=昨年の離婚は過去最高=再婚件数の増加にも繋がる2011年12月3日 法改正で家庭形態変化=昨年の離婚は過去最高=再婚件数の増加にも繋がる ニッケイ新聞 2011年12月3日付け  2010年のブラジルにおいて、離婚件数が過去最高を記録する一方で結婚も増加し、その中で再婚の比率が向上していることがわかった。1日付で伯字紙が報じた。 […]
  • 徐々に増える病院内学校=病気の子供を外界と繋ぐ=困難と喜び分け合う教師2014年6月27日 徐々に増える病院内学校=病気の子供を外界と繋ぐ=困難と喜び分け合う教師  6歳のララちゃんが学校に行くには、ノートと鉛筆を持って廊下を横切るだけ。時にはそれさえ不要で、先生が部屋まで来てくれる―。 22日付フォーリャ紙によると、白血病で闘病中のララちゃんはサンパウロ州に約500人いる院内学校の生徒の一人だ。院内学校の対象は医師の許可を受けた子供 […]
  • テンポロン保健相=CPMF復活で奔走=新型インフルで財源確保2009年8月22日 テンポロン保健相=CPMF復活で奔走=新型インフルで財源確保 ニッケイ新聞 2009年8月22日付け […]
  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]
  • コラム 樹海2012年10月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年10月19日付け […]