ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(44)

どこから来たの=大門千夏=(44)

夢の話

 小さいときから朝起きると、まず母に夢物語を話す。
 空を飛んだり海の中を歩いたり、知らない国に行ったり…と、ぜひとも聞いてほしい辻褄の合わない夢の話を真剣に話すのだ。
 母はふんふんと手を動かしながら聞いていたが、ある日「この朝の忙しい時間にいい加減にしてちょうだい。しょうもない話」といった。堪忍袋が切れた、と言いたそうだった。
 だからと言って夕方の暇な時間に聞いてくれることはなかった。その言葉に深く傷ついた私は夢物語を二度と母に話さなくなった。
 今思うとなんというもったいないことをしたのかと母にうらみがましい気持ちを持つ。
 だってあれは私の特殊な才能だったに違いない。一つ一つノートに書き遺してくれるほど真剣に聞いてくれていたら、私の才能は花開いて、今頃は「予知能力者」として押しも押されぬ有名人になっていたかも…新聞やテレビに引っ張りだこ…今頃はオオガネモチよ…と話すと母は言下に「んまあーあなたはいつもばかばかしい」と嘲笑う。
 しかし人間から夢を奪うと生きてゆけないという研究発表がある。(夢を見ていないという人も、忘れているだけで必ず見ているそうだ)
 人間が夢を見ている時の脳波の変化は猫が最もよく似ている。そこで猫が、眠って夢を見始めた瞬間猫を目覚めさす。眠るだけ眠らせて夢を見させない。すると猫は二十日くらいで死んでしまうそうだ。動物は寝るだけでなく夢を見る必要があるということがこの実験でわかる。…ということを読んだことがある。
 夢は大切、あだやおろそかにしてはいけない。毎晩たくさん夢を見なくては長生きできないのだ。
…してみると私は相当長生きしそうだ。イヤハヤ、喜んではおれない。長生きは不幸の始まり…のご時世だもの。
 ところでオーストリアの精神医学者フロイトの本によると、夢の中には深層心理があり隠された心理がある。心の底にある欲求不満、それも性的欲求不満から来ると書いてある。すなわち夢はセックスに関係しているという。
 …これではちっとも面白くない。だって予知夢というものがあるではないか。旧約聖書にもちゃんとかいてある。それどころか昔は夢解きをする大臣までいたのだ。
 私の夢の話をしよう。
――どこにいるのだろうか、私は頭を少し低くして通り過ぎた、しばらく行くとまた同じように頭を低くして通り過ぎる。そんなことを何度か繰り返して、次の場面は母と二人で階段を上っている。
 二人並んだり一列になったりしてどんどん上り、登りきったところでテラスに出た。途端に私はアッと声をあげた。
 テラスから見た景色の美しさに息をのんだ。眼下には平面図案式といわれるフランス式庭園があり、これを囲むようにして半円形に川が流れている。川の向こうに森が続いている。
 このテラスで美しい庭園を眺めていると、突然三人になっている事に気がついた。私の右側に母、そして左側に夫がいた。――もう五年も前に夫は亡くなっているのに――。
 この夢を見てから六ヵ月くらいして、かねてから母の希望であったフランス旅行に同行して、一日、古城の見物に出かけた。ガイドが「突然攻められたとき、彼らは槍だの楯だのを持っているので、すぐに通れないようにドアはわざと低く小さく作ってあります」といった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]
  • どこから来たの=大門千夏=(99)2018年5月19日 どこから来たの=大門千夏=(99)  夜、山田さんに食事をごちそうになる。彼もこの国に遊びにきて女性に捕まった一人である。どうしてこんなに簡単に沈没してしまうのだろうか? […]