ホーム | 日系社会ニュース | 中南米対日理解促進プログラム=日本祭関係者、地域活性化行事学ぶ

中南米対日理解促進プログラム=日本祭関係者、地域活性化行事学ぶ

訪日の様子(提供:ロペスさん)

訪日の様子(提供:ロペスさん)

 JUNTOS中南米対日理解促進プログラムを通じて、ブラジルなどの中南米6カ国から日本祭り関係者らが、1月28日から2月4日まで訪日し、『活性化』を目的に活動する各種団体を視察した。15日午後2時から、文協ビル内県連事務所にて記者会見が催され、ブラジルから参加した市川敏雄実行委員長(70、二世)、サンパウロ市エスポセンターの営業・市場調査部長のウィリアン・ロペス氏(40)らが報告を行った。
 「ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」(通称愛Bリーグ)の訪問では、全国各地のご当地料理の人気投票を行う「B1グランプリ」の説明を受けた。
 同イベントは、愛Bリーグと開催地域が中心となり運営している。来場客にたくさんの料理を食べてもらうため提供される一皿は小さめ、低価格に抑えられている。
 来場客は会場内で現金代わりに使用されるチケットで料理を購入する。余ったチケットはイベントが行われる地域の「チケット利用協力店」で使用できるため、グランプリ開催地、参加者どちらも地域のアピールができる。
 市川実行委員長は「各都道府県の郷土料理が揃う日本祭りでもこの案が使えるのでは」と評価した。
 世界的に有名な「鼓童」は、太鼓を学びたい外国人も研修生として受け入れている。太鼓の演奏技法のほか、太鼓の作り方を学ぶ。さらに佐渡市の中で研修が行われることで、佐渡市の訪問者増加にも繋がっている。
 ロペス氏が関心を持ったのは、JTB社から説明を受けた日本各地の祭に団体で観光させる「祭ツアー」だそうだ。「これは日本祭りに関係なく、地域活性化のためブラジル全土で使える旅行案だ」と語った。
 また、今回の訪日について「多くの地域の困難やそれに立ち向かう住民の努力を見ることができた」と振り返った。
 そのほか、地域活性化東京都台東区の「浅草サンバカーニバル」、千葉県勝浦市の「ビッグひな祭り」、「松野竹灯籠まつり」の中心団体から地域活性化活動や、江戸時代の日本舞踊団体「藝○座」、「江戸かっぽれ」など文化継承を続ける団体から説明を受けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催2018年6月15日 オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催  サンパウロ州オザスコ市は、静岡新聞(本社・静岡市)とニッケイ新聞との共催で『富士山写真展』を13日から、オザスコ・プラザ・ショッピング内で開催している。  本展は日本移民110周年を記念して開催されたもの。静岡新聞のカメラマンによって様々な角度から収められた霊峰のパ […]
  • 大耳小耳2015年9月1日 大耳小耳  先週末のG1サイトで、サンパウロ州ボイツーバで1100頭の和牛を飼育する日本人の牧場を舞台に、和牛の特徴や価格などが紹介された。最近人気のフード・トラックにも和牛ハンバーガー専門店「サムライ・コウベ」が登場するなど、和牛に関心を持つ人が増えてきたよう。日本祭りにも出店していた […]
  • 大耳小耳2015年5月27日 大耳小耳  ご長寿が多い日系社会では、自然と健康に関する話題が注目を集める。今回のモリンガはその最たる例で、編集部でも取り扱いを始めた結果、毎日のように問い合わせが寄せられている。日本では、2月ごろにNHKで特集されたのをきっかけにしてか、お茶として飲む健康法はもちろん、粉末を生地に […]
  • ロゴを背にしたブルーノ・ヒトシさん2015年2月4日 120周年第4回会合=大統領訪日と皇室ご来伯実現へ=日本館改修も記念事業に=練習艦隊数カ所に寄港か=リオも独自に事業進める  日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯日本国大使)は2日、在聖総領事館で第4回会合を行なった。構成員の日系5団体ら約20人が出席した。会議後に梅田大使、福嶌教輝在聖総領事、山元毅(つよし)在リオ総領事が会見し、目玉企画の花火大会と展示会 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]