ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(48)

どこから来たの=大門千夏=(48)

 でもあれから四〇年経った。
 あきらめもついたので、ある時この事を娘に話したら、言下に、「行かなくって良かったじゃあないの!」と、言うではないか。
 「ええっ。どうして 」行きたかったわーというにきまっているはずなのに。
 「ブラジルにいたから大学迄ゆけたのよ。アメリカに行っていたら私たち二人とも大学には行けてないわ。両親にとても経済的ゆとりはなかっただろうから、せいぜい高校どまりよ。その上、弟はきっとでっぷり太ったアメリカ女を嫁さんに貰っているだろうし、それから私も一〇〇㎏くらいに太っているだろうし、キャーゆかなくってよかったわよ」
 そう言われてびっくりした。へーそんな考え方もあったのか。云われてみたらそれもそうだ。
 アメリカに着いてからまともな生活ができるまでには一〇年はかかる。大学は年間三?六万ドルかかるという。親のわれわれがとても稼げる額ではなかった。高校卒業して何とか自立…というのが精いっぱい。ましてや途中で夫に死なれたら大学なんて到底無理、夢の夢だったにちがいない。
 本当にそうだ。そうなんだ。ブラジルにいたから大学も出せたのだ。娘に言われて、やっと長年のグジグジが霧散して心晴れやかになった。
 人生無理する必要はない。流れに沿って行くのもそれはそれなりに幸せが待っている。すべては「良きように」はからってくださっているのだ、と気がついた。
 最近、アメリカに住む息子の所に行った折、マンハッタンに住んでいるアメリカ人と結婚している日本女性に出会った。
 「この国は、若いときはいいけど年とって病気をしたらさいご。ものすごい医療費がかかって、蓄えなんか直ぐに吹っ飛んでしまうんです。其の点、日本は医療費が安い、老後の介護保険がある、ホームは日本人が介護してくれて、日本食があって、日本語が通じて、ここよりずっと安い所がたくさんあります。こちらは年間六万ドルもかかるんですよ。ここに住んでいる日本人はもちろんの事、ここで産まれた二世までもがみんな、年とったら日本に帰りたい、日本に住みたいと本気で願っているんです」
 また、別の夫人は、「八年前にアメリカで出産しました。普通分娩で二万ドル、これ保険に入っていた値段なの。入っていなかったらどれだけかかるかと思うとぞっとするわ。私も年取ったら日本に帰ろうと本気で考えているのよ」と真面目にそういった。
 かつてアメリカに行ったあの八家族、元気でいるのだろうか。ふと心をよぎった。
            (二〇一四年)


匂いの記憶

 子供の時から漬物が大嫌いである、と言っても食べて嫌いになったわけではない。食わずぎらい。食べた記憶がないのだ。
 他人の家におよばれに行くと、どこに行っても母は下を向いて小さい声で「すみません。この子は漬物を食べませんので…」と恥ずかしそうに気弱く話す。別に悪い事をしているわけではないのにと何時も私は不満である。どうしてこんなことになったのか誰も知らない、もちろん私も知らない。
 六歳のころ田舎の親戚の家に行ったら漬物ばかり出た。二度とあの家にはゆかないと腹を立てたことを覚えている。多分あの匂いが嫌いだったのであろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]