ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(72)

どこから来たの=大門千夏=(72)

 残されたコレクション

 長らく雨の降らない日が続き、埃っぽく、喉はイガイガする、眼は赤くなる、こんな四月のある日、派手な服を着た、どこか落ち着きのないブラジル人女性が私の骨董店に入ってきた。
 母親が二ヵ月前に亡くなったので品物を整理したい事、生前、コーヒーカップを何年もかけてコレクションしていたので、ものすごい数があるから買ってほしいという。
 コーヒーカップは一番売りやすい品だし何時も探している品だ。私は喜んで、二つ返事で是非とも買いたい事を告げ、早速日時を決めて、夕方彼女の家を訪ねた。
 イタイン区にある軒口の広い、車が三台ゆうに入るタイル張りの新築家屋。しかし前庭に植物は一つも植わっていないし鉢植えもない。
「新しい感覚の家」「流行最先端の家」とはこんな建築なのか。モダンとは縁のない骨董屋の私は感心した。
 女中に案内されて中に入ると、応接間にはデコラ張りの家具が揃い、その頃流行の、ステンレスとクリスタルガラスを組み合わせ、周りを金色で囲った派手な食卓テーブルセットがあって、いかにも成金趣味に見えた。
 一二?一四歳くらいの男の子が、二人ソファーに寝転んでテレビを見て居り、私をちらと見たが挨拶をするわけでもない。
 間もなく帰ってきたご主人に連れられて私たちは母親の家に向かった。
 思いの他すぐ近くにあって、家の壁はペンキがはげ落ち、鉄格子はさび、もう何年も住人がいないような荒れ果てた大きな二階建て。腐りかけた背の低い木戸を押すと、すぐ目の前に枯れたプリマベーラの鉢植えが一つ転がっていた。
「プリマベーラね、花が咲いたらきれいなのに」と私が言ったが、女はイライラと植木鉢を、ハイヒールのかかとで思い切り蹴って道を作り、まっすぐ正面玄関に向かった。鉢はコロコロと乾いた音を立てて、あちこちに転がっている二〇個くらいある干からびた鉢植えの中にぶつかって止まった。
 庭の真ん中にイペーの木があって、今も青い葉をつけていたのがせめてもの救い、といった感じである。
「このイペー、花が咲くのかしら」
「……」若い夫婦には聞こえなかったらしい。いや植物には関心がないのだ。
 女は鍵を開けて古ぼけたニスのはげた扉を押した。途端にゾッとするほどの冷たい空気が私の全身を包んだ。そしてカビの臭い。入りかねてしばらく中の様子をうかがうと、入ったところは応接間らしい。正面の壁は黒い色、突き当りに右に少しカーブを持った階段がぼんやり見える。高い天井。この天井の向こう半分も黒い色。
 女は電気をつけた。
 天井から見事な大きなシャンデリアが下がっていて、その先に八つの電球がついている。しかし今、電気が点いたのは二つだけ。この二つの明かりは、部屋の黒々とした色を浮き上がらせて、大きな暗 い影を作り、まるで化け物のように覆いかぶさってくる。
 黒く見えたのは…なんだろう? よく見ると鼠色、茶色、黒と色々な色がある。白い壁の部分は褐色になっている。落ち着いてゆっくり見まわすと全面カビなのだ! 真っ黒いカビ、正面の壁、階段の柱、天井、まだらになってカビが覆っている。急に背筋がぞっとしてきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]
  • どこから来たの=大門千夏=(99)2018年5月19日 どこから来たの=大門千夏=(99)  夜、山田さんに食事をごちそうになる。彼もこの国に遊びにきて女性に捕まった一人である。どうしてこんなに簡単に沈没してしまうのだろうか? […]