ホーム | ブラジル国内ニュース | 「シャヴェス」「シャポリン」の未放送分一挙公開=ブラジルでもはや「国民的人気」のメキシコのコメディ

「シャヴェス」「シャポリン」の未放送分一挙公開=ブラジルでもはや「国民的人気」のメキシコのコメディ

 5月21日から、ブラジルのお茶の間に、メキシコではおなじみのお笑いキャラクターが帰ってくる。ムウチショウ局が1月に、メキシコの70年代の人気コメディ「シャヴェス」と「シャポリン」の、ブラジルでは発表されてきていないエピソード100本以上の放映権を購入、5月から放送しはじめるのだ。
 「なぜメキシコのお笑いドラマの放送がブラジルで放送されるのがそんなに大きなニュースなのか」と思われるかもしれないが、この2本のコメディのブラジルでの人気は本国をしのぐ勢いで、今や、ある世代から下の層だと「ブラジルの古いドラマ」だと勘違いしている人もいるほど、国民に定着しているのだ。
 ブラジルでの人気の理由は、国外の番組の買付を得意としているSBT局が、開局した1981年から「シャヴェス」の放送を開始。その後も、30数年間にわたって放送され続けたためだ。
 「シャヴェス」は、大の大人が子どもに扮して演じる風刺コメディで、子どものはずの主人公シャヴェスを演じていたロベルト・ボラーニョスは、70年代の放送当時で40代。シャヴェスの恋人役のシッキーニャやセーラー服姿の少年キコも、その当時20代だった役者が演じていたが、彼らの姿がとにかく強烈なのだ。それゆえに、ブラジルでは今でも、ハロウィンやコスプレの代表的なキャラクターとして重宝されている。過去には、ネイマールがキコ、彼が以前つきあっていた人気アイドル女優のブルーナ・マルケジーネがシキーニャの格好でハロウィンの写真を撮り、話題となったことがある。
 「シャポリン」は、「シャヴェス」と同じボラーニョスが演じ、こちらは正義のヒーロー。ただ、赤の全身タイツに黄色いパンツ、といういでたちは、お世辞にもカッコよいとは言えない。だが、その愛らしさが好まれ、こちらも非常に人気が高い。
 ブラジルでは、「シャヴェス」「シャポリン」ともに、秩序立てた放送は行っておらず、放送局の手元にあるものを無作為に放送していたが、本国では両方合わせて500本以上のエピソードを持つ長寿番組だったこの2本。ブラジルではまだ放送していなかったエピソードが100本以上も存在した。
 これで再び、ブラジル国内でもブームがやってきそうだ。(2月27日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年3月8日 東西南北  6日午前、複数の市をまたいで走るEMTUのバスと、トラックがサンパウロ大都市圏エンブグアスーで衝突し、2人が死亡、25人が重軽傷を負う事故が起きた。同日午前8時30分頃、プレフェイト・ベント・ロジェール・ドミンゲス道のきついカーブの部分で、イタペセリカ・ダ・セーラ行きのバスが […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • ボラーニョスが演じたシャヴェス2014年12月2日 「シャヴェス」が逝く=ブラジルでも熱狂的な追悼  メキシコが生んだ南米最大級のコメディアン、ロベルト・ボラーニョスが11月28日にメキシコのカンクンにある自宅で心臓疾患により死去した。彼の死去の報道は中南米の国で軒並みトップ扱いだったが、ブラジルでの人気は近年になっても圧倒的で、彼の番組「シャヴェス」をブラジルの番組だと […]
  • 2点目を決めたダニエル・アウヴェス(中央)、左は3点目を決めたフッキ(Rafael Ribeiro/ CBF)2014年6月4日 セレソンが順調な仕上がり=パナマ代表に余裕で快勝  ワールドカップまでの調整を兼ねた親善試合、ブラジル代表(セレソン)対パナマ代表の試合が4日午後4時からゴイアス州ゴイアニアのセーラ・ドウラーダ・スタジアムで行なわれ、セレソンが4―0で快勝。順調な調整ぶりを見せた。 この日のセレソンはセンターバックのチアゴ・シウヴァ、ボラ […]
  • 東西南北2012年9月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年9月29日付け […]