ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》フォルタレーザのビル倒壊から3日=救出作業続き、死者が4人に増える

《ブラジル》フォルタレーザのビル倒壊から3日=救出作業続き、死者が4人に増える

救出作業を指揮する消防隊長のルイス・エドゥアルド・オランダ氏(Divulgação Corpo de Bombeiros Militar do Ceará)

 15日朝、ブラジル北東部のセアラー州フォルタレーザで起きた高級住宅地のビル倒壊事故から3日目の17日朝、4人目の遺体が回収された。
 17日までに確認された死者は、当日1人、2日目2人、3日目1人の計4人だ。また、当日救出された生存者は7人で、現在も少なくとも6人の不明者の捜索作業が続いている。
 身元が確認された死者は、倒壊したビルの隣の店にいて、瓦礫に直撃されたフレデリック・サンタナ・ドス・サントス氏(30)と、イザウラ・マルケス・メネーゼス氏(81)、アントニオ・ギウダジオ・ホランダ・シウヴェイラ氏の3人で、2日目の朝、発見された女性の身元はまだ確認が取れていない。
 メネーゼス氏は、最初に救出された生存者のフェルナンド・マルケス氏(20)の祖母。夫のヴィセンテ・デ・パウラ・ヴァスコンセロス・デ・メネーゼス氏(87)と、娘のロザーネ・マルケス・デ・メネーゼス氏(55)はまだ行方不明のままだ。
 市役所は件のビルは違法建築としていたが、その後、1982年に登記所に正式に登録されていた事が判明。このビルは老朽化が進み、改修工事が行われており、事故前日に、住民達が支柱の鉄筋がむき出しになってさびている様子を撮ったビデオなども公開された。
 事故の後は、生存者やその家族らの生の声を集めた記事なども出ているが、観光名所のイラセマ海岸からも3キロという立地条件や、民家や個人の商店などに囲まれた区画の中に建てられた唯一のビルだった事などもあり、比較的良く知られた建物だったようだ。
 詳細な原因調査はまだだが、現場周辺の道路や隣接家屋7軒は立ち入り禁止となっている。(17日付G1サイト、アジェンシア・ブラジルなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第73話2020年11月12日 中島宏著『クリスト・レイ』第73話  この平野植民地は、第一回移民の時に通訳として移民たちと共に現場であるブラジル人農場に入り、彼らと苦労を共にした平野運平という人物が、独立自営の集団植民地として開拓を始めた所である。  笠戸丸で、集団としての日本人移民たちが初めてサントス港に着いたのは、一九0八年の六月一八日 […]
  • 東西南北2020年11月10日 東西南北  米国の大統領選挙で世界中が沸いた先週。バイデン氏当選に関して、ブラジル国内の一般の反応はニュースサイトのコメント欄を見ても概ね良好で、敗れたトランプ氏への反応も「2014年のブラジル大統領選のアエシオ氏のよう」とする声が目立った。左派の人にはむしろ、「民主党は米国版PSDB( […]