ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》フォルタレーザのビル倒壊から3日=救出作業続き、死者が4人に増える

《ブラジル》フォルタレーザのビル倒壊から3日=救出作業続き、死者が4人に増える

救出作業を指揮する消防隊長のルイス・エドゥアルド・オランダ氏(Divulgação Corpo de Bombeiros Militar do Ceará)

 15日朝、ブラジル北東部のセアラー州フォルタレーザで起きた高級住宅地のビル倒壊事故から3日目の17日朝、4人目の遺体が回収された。
 17日までに確認された死者は、当日1人、2日目2人、3日目1人の計4人だ。また、当日救出された生存者は7人で、現在も少なくとも6人の不明者の捜索作業が続いている。
 身元が確認された死者は、倒壊したビルの隣の店にいて、瓦礫に直撃されたフレデリック・サンタナ・ドス・サントス氏(30)と、イザウラ・マルケス・メネーゼス氏(81)、アントニオ・ギウダジオ・ホランダ・シウヴェイラ氏の3人で、2日目の朝、発見された女性の身元はまだ確認が取れていない。
 メネーゼス氏は、最初に救出された生存者のフェルナンド・マルケス氏(20)の祖母。夫のヴィセンテ・デ・パウラ・ヴァスコンセロス・デ・メネーゼス氏(87)と、娘のロザーネ・マルケス・デ・メネーゼス氏(55)はまだ行方不明のままだ。
 市役所は件のビルは違法建築としていたが、その後、1982年に登記所に正式に登録されていた事が判明。このビルは老朽化が進み、改修工事が行われており、事故前日に、住民達が支柱の鉄筋がむき出しになってさびている様子を撮ったビデオなども公開された。
 事故の後は、生存者やその家族らの生の声を集めた記事なども出ているが、観光名所のイラセマ海岸からも3キロという立地条件や、民家や個人の商店などに囲まれた区画の中に建てられた唯一のビルだった事などもあり、比較的良く知られた建物だったようだ。
 詳細な原因調査はまだだが、現場周辺の道路や隣接家屋7軒は立ち入り禁止となっている。(17日付G1サイト、アジェンシア・ブラジルなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コーヴァス・サンパウロ市市長死去=祖父同様、任期中に癌で=PSDB内で大激震走る=後任市長はヌーネス氏に2021年5月18日 《ブラジル》コーヴァス・サンパウロ市市長死去=祖父同様、任期中に癌で=PSDB内で大激震走る=後任市長はヌーネス氏に  16日朝、サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院していたブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長(民主社会党・PSDB)が、癌のため41歳の若さで亡くなった。任期を3年半残しての逝去で、後任には副市長だったリカルド・ヌーネス氏(民主運動・MDB)が就任する。党設立者のマ […]
  • ■訃報■「カオリン王」堀井文夫=大功労者、コロナ禍に斃れる2021年5月18日 ■訃報■「カオリン王」堀井文夫=大功労者、コロナ禍に斃れる  「カオリン王」堀井文夫さんが16日午後5時30分、サンパウロ市のシリオ・リバネス病院で亡くなった。行年87歳。堀井さんは新型コロナウイルスに感染し、4月1日に入院治療を受け、一週間後には病状が快復に向かい退院すると期待されたが、高齢のために衰弱が進み亡くなったと見られ […]
  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]